VanMoofは、より簡単に充電でき、より広い範囲をカバーする待望のPowerBankを日本市場で発売します。

オランダの次世代E-バイクブランドが、ユーザーがさらに簡単に充電できる新しいアクセサリを発売しました。

2022年1月4日(東京)- 本日、VanMoofは、日本で最も期待されていた新製品を発表しました。それは、VanMoof S3またはX3で最大100kmの追加走行距離をライダーに提供し取り外せるPowerBankです。PowerBankは、屋内で簡単に充電できる取り外し可能なアクセサリとして、走行距離を延長することに加え、ユーザーが自転車の充電をより簡単に行えるように設計されています。このアクセサリにより、VanMoof S3 & X3の走行可能距離を平均的な電気自動車に近づけ、E-バイクが自動車の代わりになることをより説得力のあるものにします。 PowerBankは、自転車のメインバッテリーを停止中でも走行中でも充電することができ、自転車のエネルギー容量を約2倍にする大幅なアップグレードを行います。

ライダーの行動範囲をさらに遠くに広げます

日本のライダーが最も求めていたのは、もっと簡単に充電できることでした。 PowerBankの導入は、成長を続けるライダーコミュニティに向けたVanMoof社の対応力の表れです。また、VanMoof社がいかにして最良の結果を得るために自社製品を絶えず調整しているかを示す例でもあります。 PowerBankはライダーがさらに遠くへ行くことができ、充電がより便利にできる機会を提供いたします。

「これは、これまでで最も重要な革新の一つです。統合性と利便性という私たちの基本理念のバランスを取り、すべてのライダーは、VanMoofを手間なく充電でき、都市をまたぐさらに広範囲を走行できるようになり、この両者を最大限活用できるようになります。」 

(VanMoof共同創設者ティーズ・カーリエ)

Ride the future together

PowerBankはオプションで購入でき、メインバッテリーを停止時と走行時の両方で充電することが可能です。価格は、¥45,000(送料別途必要)

バッテリーがゼロ状態から3時間でフル充電でき、重量は2.8kgです。VanMoofS3 & X3に乗る全ライダーは、ペダルアシストレベルに応じて、45〜100kmの走行距離を延長することができます。

 VanMoof PowerBankは、vanmoof.com及びVanMoof ブランドストア東京でオーダーできます。

VanMoofについて

VanMoofはシティバイクの完璧なるビジョンを持ったオランダ人兄弟、タコ・カーリエとティーズ・カーリエによって2009年に設立されました。同社の次世代自転車は、パワフルなモーター、大容量のバッテリー、そして内蔵型スマートテクノロジーを搭載し、未来の都市のために設計されています。VanMoofはアムステルダム、ベルリン、ロンドン、ニューヨーク、パリ、サンフランシスコ、台北、東京にブランドストアを持ち、オンラインショップでは世界中のライダーがショッピングを楽しんでいます。VanMoofの自転車は過去10年間、ユーロバイクアワード、レッドドット•デザイン賞、Fast Companyによるイノベーション・バイ・デザイン賞を含む数々の国際的な賞を受賞しています。VanMoofの最新ニュースに関しては、vanmoof.comにアクセスください