VanMoofが拡張現実の導入で、さらなるイノベーションとサステナビリティを推進

341480 vm%20ar%20in%20action%202 c38b3b large 1578329609

自転車の売上の80%をオンライン販売が占めるVanMoofが、ハイテクeバイクのAR体験を提供開始、返品の削減にも貢献。

アムステルダム、2020年1月6日 — VanMoofは本日、自転車業界にリテールテックの新しい形を発表いたしました。eバイクに革新をもたらしたこのオランダのメーカーは、自転車業界初の拡張現実購入体験を開始いたしました。新たなARツールは、VanMoofのウェブサイトとオンライン広告に組み込まれます。このツールは、バーチャルElectrified eバイクを目の前に映し出すため、消費者はVanMoofのブランドストアに足を運んだり、配送を待ったりすることなしに、ハイテク機能を確かめることができます。

購入体験を向上

最先端の拡張現実テクノロジーにより、自転車の周りを歩き回り、フレーム設計や色を比較し、さまざまなハイテク機能を確認できます。購入前に試すことができるオンライン機能の影響は大きく、消費者の76%が導入されたら購入する商品が増えると答えています

オンライン購入のハードルを下げる

D2CモビリティブランドであるVanMoofは、自転車をオンラインで購入する際のハードルを下げることを重視してきました。さらにVanMoofでは、ARツールの導入により、楽しく手間のかからない方法で返品を減らし、出荷コストを下げられると期待しています。

オンライン購入にまつわる大きな問題の一つとして、返品が挙げられます。返品はサステナビリティを阻み、サプライチェーンにも負担をかけます。ARによって、VanMoofの自転車を購入する前に試すチャンスをより多くの消費者に与えられるのです。

VanMoof CEO兼共同創業者Taco Carlier

eコマースの成熟

この3年間で、VanMoofのオンライン売上は全収益の80%を占めるまでに成長しました。消費者は、eバイク、眼鏡、車、マットレスといった高級品を気軽にオンライン購入するようになりつつあります。

消費者はオンライン購入に慣れてきているため、体験の双方向性を最適化するのは当然です。VanMoofがブランドストアを展開する8つの都市の近くに住んでいなくても、拡張現実ツールは自転車を目の前にある実物のように見せることができます。急速に進むテクノロジーに合わせて、VanMoofではさらにに多くの機能を取り入れるつもりです。例えば、自転車のバーチャル試乗など。

VanMoof CEO兼共同創業者Ties Carlier

VanMoofは、自転車にテクノロジーを取り入れて急速に成長している企業です。2018年の収益は1,000万ユーロでしたが、2019年は4,000万ユーロ近くまで増加しています。この飛躍的な成長を押し上げているのが、ハイテク電動自転車シリーズであるElectrified S2とX2です。VanMoofの拡張現実体験は、デジタルパートナーであるBoldlyとのコラボレーションで実現しました。詳しくは、こちらのリンクをご覧ください