VanMoofは2020年までに自転車の盗難を終わらせることをお約束します。

もっと住みやすい都市へ。VanMoofは、自社製自転車の盗難を今後3年以内に終わらせる革新的なキャンペーンを開始します。

326008 5 6c805f large 1565020964

2019年8月7日、東京 - VanMoofの創始者ティーズ•カーリエとタコ•カーリエは今朝、従来から取り組んでいる自転車泥棒との戦いを劇的に進化させることを発表しました。二人はライブ配信で、2020年までにVanMoofの自転車の盗難を世界中で完全に終わらせることを誓いました。

盗難の主なバリア

今後16ヶ月間、大胆な戦略や技術革新を立て続けに行い、VanMoofの自転車は盗難不可能だと皆さんに知ってもらうことで、盗難防止革命の最先端の立場を維持します。世界の都市において自転車の全面的な使用を妨げる主な要因の一つが盗難へ不安である現在、この約束は大きな意味を持ちます。

「街中で車にチェーンを掛けている人を見ませんよね。ただ駐車して、日常の仕事や用事をこなします。私たちは自転車も同じようになるべきだと思っています。」

VanMoof共同創始者ティーズ•カーリエ

デザインによる盗難防止

VanMoofは2016年以来、盗難防止技術を自社の自転車に統合してきました。これら業界最先端の特徴には、内蔵型マルチフェーズ警告音、遠隔操作で運動停止を可能にするシステム、一蹴りで固定する後輪ステルスロックが含まれます。並行した取り組みとしては、VanMoofのバイクハンターのグローバルなネットワークが盗難に遭ったVanMoofの自転車を追跡、回収します。警察による成功率が平均4%なのに対し、バイクハンターの成功率は約80%です。VanMoofの「ピース・オブ・マインド」保証はバイクハンターが盗難自転車を2週間以内に回収するか、発見できなかった場合は新車を提供することをお約束します。

「私たちは、当社の盗難防止と盗難回収技術の組み合わせによってVanMoofを盗むことが完全に無意味だということを泥棒やライダー、そして業界全体に示したいと考えています。」

VanMoof共同創始者タコ•カーリエ

ごめんね、泥棒!

本日発表のキャンペーン専用ページでは、VanMoofの誓いは商売上がったりの泥棒に対する謝罪でもあります。今後数ヶ月間、VanMoofは#sorrythievesの新しいプロジェクトや構想をリリースし続けます。それぞれのコンセプトでは、盗難自転車の購入者に焦点を当てることから盗難VanMoof自転車を再販することを不可能にすることまで、自転車盗難の異なる側面に取り組みます。

「実質的に盗難するのが不可能な自転車を作ることによって、新しい世代のライダーに都市で自転車に乗る恩恵をもたらします。私たちの自転車はあなたをもっと遠くまで連れて行くことが可能で、もっと長持ちし、スマートテクノロジー満載で都市型サイクルをはるかに便利なものにします。」VanMoof共同創始者ティーズ•カーリエ

VanMoof共同創始者ティーズ•カーリエ

VanMoofの誓いはsorrythieves.comをご覧ください。

放送をもう一度見たい場合は、こちらをご覧ください