うーん、あなたの探しているものが見つかりません...。

あきらめないで!スペルをチェックするか、具体的な内容を減らして検索してみてください。

検索
Cities & Cycling

VanMoof x Eike König: The Groundで、電動の悦びを探求

VanMoof x Eike König: The Groundで、電動の悦びを探求

ベルリンは、ヨーロッパの快楽主義の首都として知られています。だから、ベルリンの人たちが楽しい時間を過ごすことを熟知しているのも当然です。VanMoofでベルリンの隅々まで街中を飛び回り、その本質を解き明かすことほど、楽しいことはありません。そんな思いで今年、ベルリンのフェスティバル「The Ground」に、アーティストのEike Königを連れて行ってきました。

The Groundは、ファッション、ライフスタイル、カルチャー、そして多様な視点が一堂に会するフェスティバルで、7月、3日間に渡り開催されます。このフェスティバルは、より良い未来を築くという理念のもとにはじまったもので、街中での移動にE-バイクを使うことの楽しさを紹介するVanMoofのポップアップストア「Pitstop: Pleasure」は、ピッタリです。

しかも、VanMoofは単独でなく、ベルリン在住のグラフィックデザイナー、Eike Königが、特別エディションのVanMoof S3に、彼のアイコニックで大胆なタイポグラフィースタイルのライブペイントを会場で行なってくれたのです。VanMoofのポップアップ「Pitstop: Pleasure」は、3つのパートから構成されていました。イベント会期中ずっとEikeがデザインを続けるアトリエ、VanMoofのE-バイクを近くで間近に見ることができるエリア、試乗コースです。

世界的なグラフィックデザイナーであり、ベルリンのクリエイティブ集団「HORT」のクリエイティブディレクターのKönigは、作品の中で、ジェントリフィケーション、グローバリゼーション、消費といった複雑なテーマを、解釈の余地を与え、議論を呼ぶようなバズワードに戻すことでそうしたテーマと向き合っています。Königは、VanMoofとコラボした作品で、VanMoofに乗ることで都市に近づくということに焦点を当てました。自転車が街の醍醐味を味わうためのツールであることを表現しています。「街や都市、周りの人たちとのつながりを強く感じるんだ」と彼は説明します。「乗っているときだけ、それが実感できるんだ」と彼は説明します。彼のデザインは、自転車に乗っているときにしか味わえない、街と一体化することの意味を生き生きと表現しています。

「私にとってVanMoofは、ファンキーに車輪の上に拡張された自分のボディなんだ。五感が活性化され、瞬時にその場にいることができるんだ。」

Eikeにとって真っ白なキャンバスのようなVanMoofを見てみませんか?

VanMoof S3 & X3を見る