うーん、あなたの探しているものが見つかりません...。

あきらめないで!スペルをチェックするか、具体的な内容を減らして検索してみてください。

検索
Bike Hunters

VanMoof Bike Hunt Report: September

VanMoof Bike Hunters are famous for never giving up. But this month the Berlin team went above and beyond the call of duty in an epic four-day bike hunt. Abandoned buildings, spooky basements, last-minute discoveries – this hunt has it all, and took our team to the four corners of the German capital.

始まりは、いつものバイクハントとなんら変わりのないものでした。ダニエルとデイジーは、行方不明の2016年製のスマートバイクの捜索を開始しました。自転車のオンライン販売プラットフォームにちょうど都合良いタイミングでの掲載を見つけたバイクハンターチームは、このタイミングを逃さずすぐに行動に移しました。

幸いなことに、自転車が発する追跡データは強力なものでしたが、町の両側から、ポイントが明らかに重複していました。チームは信号の中心にたどり着くように動きました。そこは、巨大なコミュニティが運営する建物の玄関口でした。中には何十ものアパートとスタジオで、ハンターチームは自分たちの仕事に、もう専念するしかない状況でした。閉鎖された空間で、遅かれ早かれ、ゴールが見えていると確信しました。

広大な建物はそれ自体が文字通り干し草の山状態で、スマートバイクはとらえどころのない針のようなものでした。午後になっても、チームはすべての部屋を確認しました。全ては地下室のこの瞬間のために進んでいました。バイクハンターは不気味さにも強かったのですが、この地下室はさすがにホラー映画の域に達していました。クモの巣状の天井や、隠れるのに都合のよい真っ暗な部屋の四隅。チームはほこりをはらい、まばたきをし、バイクを見つけられずに地上に戻りました。

Bluetoothスキャナーはまだピンを立てていましたが、建物を全て確認し終えていたので、ハンターはさらに遠くを目指さなくてはなりませんでした。あっという間に夜は終わり、隣接する集合住宅を確認する時間はもうあまり残っていませんでした。でも、今回ははるかに簡単でした。トラッカーに従い、ダニエルとデイジーメイは、鍵のかかったドアに辿り着きました–独特な植物の匂いが廊下に漏れていました。

自転車を見つけたことを確信し、バイクハンターは警察に電話しました。ベルリンの最高級のものが間もなく登場するとしても、Bluetooth信号の点滅と接触の高さ以外に動きはなく、彼らはその部屋に入らずに待機したのち、一息落ち着くように、バイクハンターは基地に戻りました。

休憩後に方針を再決定し、ハンターチームは、朝になってその場所に戻りました。しかし、Bluetoothスキャナーを起動したとき、自信がなくなりました… そして、そこではまったく何も見つけられませんでした。自転車の追跡信号も、突然オフラインになったのです。一晩で自転車が移動されたことは明らかでした。 – でも、どこへ?甘さを実感したバイクハンターチームは、運よくBluetooth信号がスキャナーを照らすことに期待して、周辺をパトロールして、結果、その日は実りのない一日を過ごすことになりました。運は彼らの味方をしてくれず、バイクハンターチームは欲求不満のまま、手ぶらで2日目を締めくくりました。

さらに時間的に厳しくなった3日目、別の事件が起きました。自転車がまた位置データを送信したものの、今度はベルリンのはるか南でした。気温は30度半ばで、チームは街の境界に向かってe-バイクで移動する間、涼しさを味わいました。風光明媚な環境から、すぐに、おなじみのバイクハントの場所、つまり、町の外の建設現場に移動しました。

困惑した建設労働者は、ダニエルとデイジーメイが彼らの職場内を探すのに、喜んで手伝ってくれました。現場周囲には放棄自転車がたくさんあったのですが、見慣れたVanMoofジオメトリを備えた自転車はありませんでした。捜索を続けると、ハンターは、信号が彼らを特定の場所に引き寄せていることに気づきました。それはゴミ捨て場でした。

鋼鉄の容器の側面をよじ登ったダニエルに、最悪の恐怖が訪れました。自転車はスクラップの山に埋もれていたのです。または、少なくとも一部がその状態でした。スマートバイクはほぼ真二つに切断され、両方のホイールは、それぞれのスポークに引き裂かれました。このVanMoofが家に戻る道はありませんでしたが、それでも見つけたことは祝うべきで、ハンターチームは建設現場チームと一緒に勝利の祝杯をあげました。

あとすべきことは、自転車を所有者と再会させるだけでした。e-バイクの状態を考えると、所有者は驚くほど元気で、スマートバイクがまだ追跡可能であることに感銘を受けました。もうずっと前にElectrifiedS2にアップグレードしていた事実が、心の支えになっていたに違いありませんが、それでも彼は古いe-バイクに感傷的な愛着を持っていました。自転車の旅を記念して、彼はそれを新しい機関「ベルリンろくでなしからの回収自転車博物館」に寄付する提案までしました。

VanMoofは、それにも取り組むつもりです。

Peter Gigg

この著者について

Peter Gigg is VanMoof's resident Brit. He enjoys writing, running, and remaining in the EU.