うーん、あなたの探しているものが見つかりません...。

あきらめないで!スペルをチェックするか、具体的な内容を減らして検索してみてください。

検索
Inside VanMoof

空っぽの工場。ライダーは待たされる。かつてないスピード提供のために、どうやって電動自転車業界の常識を変えたのでしょう?

空っぽの工場。ライダーは待たされる。かつてないスピード提供のために、どうやって電動自転車業界の常識を変えたのでしょう?

VanMoof S3 がかつてなく短期でお届けできるようになりました。乗り始めるなら、今です。良いニュースには必ず興味をそそる裏話が伴うものです。共同創設者のティーズ・カーリエが、私たちの生産性向上の秘密と、それが私たちの自転車を購入しようとしている人々にとって何を意味するかについて語ります。

乗り始めるなら、今がベストです。

ピカピカの新品ホイールで夏に向かって駆け抜けることほど素晴らしいことはありません。いちばん人気のフレームVanMoof S3が、かつてない速さでの配送が可能になり、すべてのライダーのお気に入りのシーズンに間に合うようにお届けできるようになりました。つまり、もし、あなたが電動自転車トレンドに乗っかるつもりの 年間2,400万人の新規ライダーの 1 人であるとしたら、適切なタイミングと言えます。自動車よりも自転車に乗る人が多い都市の姿を、長い間夢見てきた兄と私でさえ、この 1 年半の世界的な電動自転車ブームを予想することはできませんでした。

ほとんどの企業が急増する自転車需要に生産が追いつけない中で、私たちはどのようにこの需要に合わせることができたのでしょうか?電動自転車の販売数の爆発的増加により、ほとんどすべての主要部品サプライヤーが離れ、工場の半分が空状態だったのですが、2020年の4か月間で、過去2年間を合わせたよりも多くの自転車を販売しました. コロナ禍の前例のない影響により、当社の生産もリスクにさらされました。品質管理の問題と配送の遅延に直面し、乗客はサービスとカスタマー サポートの待ち時間の増加に直面しました。しかし、パンデミックに備えることは不可能でしたが、私たちは予測不可能な状況に適応する能力には誇りを持っていました。VanMoofの型破りなビジネスモデルは、印象に残る復活を実現できたのです。

私たちの秘密?それは、努力や苦労を重ねる異端者です。

では、どうやって、ターボ ブーストをオンにして、できるだけ多くの自転車をお待ちいただいているライダーに届けることができたのでしょうか?私たちは製品やソフトウェアの開発を外注せずに、オリジナルのパーツをゼロから開発し、サプライチェーン全体を垂直統合している唯一の自転車会社です。これは、最小サイズのネジの開発・製造から、お客様の乗り物が安全にご自宅にお届けすることを保証するまで、すべてを監督することを意味します。2019 年には、最初の VanMoof自社工場を開設し、生産プロセスがさらに制御可能になりました。他の業界各社と一線を画しているのは、需要が高いときに大規模にスケールアップできる、生産に関するこの奇抜なアプローチです。

そして、それが純粋に強みになっています。 2020年以前も、私たちのサプライチェーン戦略のおかげで、各部品のカスタムデザインができ、そのため、自転車の残りの部分と完全に調和することができました。私たちはそれを、生きて呼吸するVanMoofエコシステムと呼んでいます。昨年は確かに私たちのペースを試されました。しかし、迅速かつ効果的に完全対応する当社の能力には、すべてを社内で発明、開発、生産するという何年も前の決定が背後にあります。

VanMoofは不可能を引き受けました。そして、そのリターンが、今花開いています。

さらに細かく見ていきましょう。ほかの電動自転車会社の生産ラインは、さまざまな自転車部品を数多くの異なるサプライヤーに依存しています。コロナ禍での需要の急増と混乱が、生産にかかる時間に与えた影響について想像してみてください。つまり、ここが私たちの違いなのです。すべての部品をゼロから設計するVanMoofは、いつでも迅速にスケールアップできます。もちろん、それが簡単だったり、リスクがないとは言ったことはありません。でも、私たちはありきたりなビジネスを経営することには少しも興味がありませんでした。人々が都市を移動する方法を真に再定義するために、VanMoofは別のやり方をしなければなりませんでした。

VanMoofの自社工場を、自社の武器庫に置くことで、今年1月に生産プロセスを一時停止して、リマスターされたVanMoof S3 & X3に対応するよう、大幅なアップグレードを行うことができました。生産ラインを 2 倍に増やし、新たな運用ソフトウェアを統合して、作業を遅らせていたプロセスの自動化を行いました。2020年初めは、自転車の組み立てには15分かかりました。今は、5 分に削減できました。 2020 年初めは、1 週間に 2 つのコンテナが工場から出荷されていました。今は、平均16 コンテナを出荷しています。多い週は、25 コンテナに達します。

未来はVanMoofが、乗る。

2009 年には、私たちはすでにいくつかの野心的な質問を自問していました。「都市のモビリティにどのように革命を起こすか?」そして、私たちにとって最重要な質問「次の10億人をどうやって自転車に乗せるか?」についても。自転車がどのように作られているかを一から考え直すことで、私たちは両方に答えることができます。私たちには、ライダーの心に届くように革新し、需要に応え、大規模な部品サプライヤーに電力を外部委託する他社のどこよりもはるかに低いコストですべてを行う自由があります。それからわずか10 年余りで、私たちはこの分野での地位を確立し、世界が私たちに投げかけるものがどんなものであろうと、立ち向かうことができることを証明しました。

私たちは常に次の挑戦を探しています。私たちの e-バイクへの信頼と、製品の進化と比類ないイノベーションへの情熱が、私たちを、未来に向けてより良いものにしてくれました。変化への道には、パンデミックやコンテナがスエズ運河に食い込まなくても、かなりの穴があります。しかし、私たちが最も気にかけていることの 1 つは、ライダーの声に耳を傾け、必要なときに必要なものを提供できるようにすることです。私たちは今、VanMoof S3をほんの数週間で玄関先に置くことができるようになったことを誇りに思います。そして、2021年以降にどんな困難が訪れようとも、私たちには準備ができています。

VanMoof S3 & X3を今すぐ試乗しよう。または、VanMoof S3 を注文して、夏を楽しもう。

Ties Carlier

この著者について

Ties is the co-founder of VanMoof. Dividing his time between Taipei and Amsterdam, he's always on the hunt for the next biking breakthrough.