うーん、あなたの探しているものが見つかりません...。

あきらめないで!スペルをチェックするか、具体的な内容を減らして検索してみてください。

検索
Inside VanMoof

テックの先駆者とプログラミングの愛好家:テックの世界で、次世代の女性を作ろう

テックの先駆者とプログラミングの愛好家:テックの世界で、次世代の女性を作ろう

VanMoofの製品責任者Myrthe Palmboomは、「テクノロジーは依然として人間の世界です」と言い切ります。 VanMoofでは、今こそ行動を起こし、より平等な未来を創造する時だと思っています。そのため、VHTOからGirls’ Dayへの参加を誘われたとき、すぐに参加を決定しました。

旅の少ない道を進む

科学、技術、工学、数学(STEM)分野の職種で、女性が過小評価されていることを知っても驚くことはないでしょう。国連によると、世界中の研究者のうち、女性は30%未満で、女子学生全体の約30%だけが高等教育でSTEM関連の分野に取り組んでいます。なぜなのでしょう?ずっと続いてきたジェンダーに対する偏見、相応しい女性のロールモデルが深刻に欠如していること、そして少女や女性を、男性中心の分野から遠ざける長年続いてきた偏見。さらに、データからも明らかなように、この性別による一般化は、ずっと、真実から遠く離れることができません。 VanMoofは、今こそ行動を起こす時だと判断しました。私たちは、固定観念に挑戦し、故郷のアムステルダムで女子学生のために具体的なロールモデルを作る役割を果たしたいと思いました。問題は、どこから始めればよいかでした。

そして、VHTOについて勉強しました。 VHTOは、より多くの若い女性が科学技術分野に参入することを支援することを中心に活動しているオランダの組織です。問題の根源にたどり着くために、VHTOは、若者がさらされている固定観念にできるだけ早く取り組み、波風を立てる必要があると考えています。彼らはヨーロッパ中で刺激的なワークショップを促進し、10歳から15歳までの女子学生が旅の少ない道を進めるようにサポートします。私たちは、この活動について聞いてすぐに、関わろうと思いました。

VanMoof本社でGirls' Dayを開催

VanMoofは、メティスモンテッソーリ学校の女子生徒をアムステルダム本社に招待し、チームに会ってもらい、技術研究がこの職場でどのように機能しているかを見せました。メティス学校のコプログラミングの教師Hakan Akkasは、生徒たちについてより細かく話してくれました。「毎週のプログラミングの授業では、女子生徒はすでに少数派です。」とHakanは言います。「生徒が30人いる場合、女子生徒は3〜4人しかいない場合があります。つまり、この種の仕事をしている専門職の女性に出会うことは刺激的で、科学や工学が男性のものであることを示唆する固定観念に挑戦することにつながると思います。

Hakanのように、プロダクトオーナーのMyrthe Palmboomは、女子生徒たちがVanMoofでのワークショップの日の内容から刺激を受けて帰っていくことを望んでいました。 Myrtheは、当日のイベント内容について説明しました。「今回のワークショップはすべて、女子生徒のために、女性による運営で開催されました。」グループは、さまざまなユーザータイプ別に機能をどう設計するかといった点に焦点を当てたエクスペリエンスデザインの「アクセシビリティによる包摂性」ワークショップを含む、デザイン開発プロセス視点から派生した3つのワークショップを巡回しました。女子生徒たちが自分の3D自転車モデルを作る工業デザイン実習もありました。最後に、自転車自体との接続のテストができるワークショップがありました。そしてもちろん午後の一部は、隣接するOosterparkでのバイクハント(自転車探し)に費やされました。さて、VanMoofでの1日に、私たちのお気に入りのアクティビティの1つが含まれないなんてことはありません。

Hakanにとって、VanMoofを訪問することは、生徒が学校で学んでいることが現実の形になることを見る特別な機会を提供します。「これらのプロジェクトで最も重要だと思ったのは、実際に学校で学んだことを目のあたりにすることです。そう、実世界のスキルとしてです。つまり、彼らがすでに学んでいることがVanMoofのような実際の企業で現実に使用されていることを理解するために重要なのです。」 Myrtheは次のように思います。多くの女子生徒が気付いていない可能性がありますが、テクノロジーの世界には無限の可能性があります。「今日の女子生徒にとって重要なポイントは、テクノロジーの世界には可能性が広く、それは女子にたいへんオープンな状態だということです。」

「技術の世界は依然として男性社会」:平等に向かう旅

STEMの世界で女性の代表を増やすよう努力することはたいへん重要です。Myrtheは自身の経験から次のように語りました。「VanMoofの研究開発部門の女性に、今のポジションにどうやって来たかと話を聞くと、一人として技術職として働くことになるだろうと想像していた人はいないと思います。そのように、技術職として働いていること、技術職をできること、そして実際に私たちがしていることは非常に重要であることを示すことは重要だと思います。」彼女は、VanMoofでエンジニアリングやテクノロジーに従事する女性の数が増えることが、別の層に訴求するために不可欠であると語っています。「VanMoofは今も多くは男性が買っているので、設計段階での女性の参加が非常に重要だと思います。」

私たちは、従来男性が占めていた場所で女子や女性に力を与えるというVHTOの刺激的な使命に貢献できたことを誇りに思っています。しかし、今日は、まだやるべきことがたくさんあることも教えてくれました。Myrtheとチームには、進行中のパンデミックによる制限にもかかわらず、当日のワークショップを設計して実施する自由がありました。「VanMoofが、より大きな平等を目指して努力していることは明らかです。テクノロジーは依然として人間の世界です。それを念頭に置いて採用することが依然として絶対に必要です。」 アムステルダムの学者や地域とつながり、一緒になって女子生徒に刺激を与えることは、より平等な未来の実現への第一歩でした。そして、おそらく私たちの未来の電動自転車は、今回の来訪者の何人かによって設計されるでしょう。 彼らがワークショップで思いついたアイデアからも、そのことを私たちが驚くことはありません。

お近くのVanMoofのブランドストア、サービスハブ、認定リペアショップを探して、VanMoof S3 & X3の試乗をいますぐご予約ください。

VanMoofを購入