うーん、あなたの探しているものが見つかりません...。

あきらめないで!スペルをチェックするか、具体的な内容を減らして検索してみてください。

検索
Rider Stories

ライダー・ストーリー:都市についてのRubixの視点

活気あるパリジャンシーンではRubix The Grizzlyの名で知られるヒップホップダンサー、Karl Ruben Noëlにとってダンスは言語そのものである。アドリブを交えながら作り上げられる深くパーソナルなダンス、それを通しての人々とのコミュニケーションはRubix自身の代名詞的表現だ。ロマンチックなパリの建物を背景に、パリのストリートで彼は踊る。

「子供たちが外でゲームをしているとき、私は文字通り毎日踊って、練習していました」とRubixは思い出します。「私は5歳の時に、最初のバトルをしました。それからはずっと休みがありません。私は5時から始め、ずっと続けました。」そして、そのような若い年齢でダンスバトルにRubixを惹きつけたのは何だったのでしょう? それは、明確な形で、自分を表現する自由でした。「最初のバトルの後、私は心と精神に何かを感じました。自分の体で他の誰かと話すのが本当に好きでした。」二人の間のこの相互理解は、さもなければ、創造に多くの言葉が必要となりますが、ルビックスを永遠に芸術に結びつけました。

ダンスを本のページをめくる、または、映画のシーンを吸収することに例えて、Rubixはダンスを一種のストーリーテリングとして説明します。そして、すべての優れたストーリーテリングは、目的を持って読者に語りかけます。「私にとって、ダンスは感じることです。それは誰かと話し、あなたの話を相手に示す方法です。自分のストーリーを相手に伝えるために。」とRubixは説明します。「人々に私のことを知ってもらい、映画のように私を見てもらいたいのです。そして、私が何かを始めて、正しく終わらせないと、人々は道に迷い、完全なストーリーの理解ができなくなるのです。」

Rubixのインスピレーションは、周囲と周囲が刺激する感覚から来ています。「私は場所の空間と構造からインスピレーションを受けています」とRubixは説明します。「私が触れて感じることができるすべてのもの。あなたが私をある場所に連れていったら、踊る前にまず私がすることは、ただその空間を感じることです。」フリースタイルで体がリアルタイムで感覚に従うえるようにすることは、ダンスへのこのアプローチに最適なようです。私は、場所を感情としてとらえたいのです。私はその場所にいて、その場所になりたいのです。」象徴的な風光明媚なスカイラインとセーヌ川沿いの石畳の通りのあるパリは、表面的には従来型で、おそらく少し時代遅れに見えるかもしれません。しかし、人々と文化を絶えず前進させるその生でダイナミックなエネルギーは、Rubixを最も刺激します。私にとってパリは、革命です。革命がストーリーです。革命はヒップホップカルチャーの一部です。人生における革命。パリでは、私たちは常に私たちをより良くするためのことをしています。」

「パリは一生血に染まっています。」

自転車は、もうそれだけで解放的な行為ですが、まるで地球のようにRubixのライフスタイルにフィットします。「自転車に乗ると、古いパリと新しいパリの違いがわかります。その全体のストーリーを見ることができて、それはただただ美しいものです。」 Rubixは、進行中の物語の章をめくるように、街の通りを走ることを説明します。そうして、そうしないと、車の運転席の孤立した孤独な泡の中で失われてしまう可能性のある場所の説明とつなげます。「車やバスに乗っているときはわかりらないのです。オリンピアードのような新しいパリと、同じ街のデュポンアレクサンドルのような古いパリを、自転車なら一度に見ることができます。」

住んでいる場所と私たちを結びつけるのは何でしょうか? 家なのか、家族なのか、仕事なのか? Rubixにとって、「パリは一生血の中にあります。」そして、兄弟のように街で育ったからというだけではありません。世界のどの都市とも異なり、ヒップホップのダンスシーンを壊すダンサー家族だからだけではありません。Rubixのパリは、彼に世界を見せています。「パリは私に豊かな都市と貧しい都市を見せます。パリは私に真実と偽を見せます。最終的に、パリは常になりたいものになれることを私に見せています。」

ライダー・ストーリー」シリーズでは、VanMoofのライダーの視点から、都市での生活や仕事など様々なことに対する考えを探ります。

お近くのVanMoofブランドストア、サービスハブ、認定リペアショップで、VanMoof S3 & X3の試乗ができます。

購入はこちら