うーん、あなたの探しているものが見つかりません...。

あきらめないで!スペルをチェックするか、具体的な内容を減らして検索してみてください。

検索
Rider Stories

ライダー・ストーリー:都市についてのMeetalの視点

ロンドンを拠点とする都会派養蜂家でVanMoofのライダーでもあるMeetalは、自分のことを「ミツバチの父親」だと思っています。「でも実際は、ただのお世話役なんだ。」と彼は言います。しかし、彼の仕事はどれほど重要なのでしょうか?ミツバチなどの受粉媒介者がいなければ、私たちの生態系は崩壊してしまいます。Meetalのようなミツバチ擁護者がロンドンの中心部に住んでいるのは驚くかもしれませんが、彼は、私たちが思っている以上に自然界は身近な存在だということをみんなに理解してもらいたいと思っています。「ロンドンように人が多くいる場所でも、自然の痕跡はいたるところにあります。どこを見ればいいのかを知っていればいいのです。」

都会で養蜂を始めたことで、Meetalは都会での生活に対する考え方を変え、時間をかけて見れば首都にはほかにもいろいろなものがあることに目を向けました。巣箱の間を自転車で移動することで、一見孤立しているように見える都市内での地点をつなぐことができるようになっただけでなく、自然環境をこれまで以上に身近に感じることができるようになりました。巣箱を自転車で移動することで、Meetalは生活のペースを落とし、大都市での生活を特別なものにするための細部にまで気を配ることができます。「パワースーツを着て同じ場所を移動し、目を合わせた人にしかめっ面をするだけではなく、周りの環境を楽しみ、自分のいる場所に感謝することが大切なのです。」

「ロンドンように人が多くいる場所でも、自然の痕跡はいたるところにあります。どこを見ればいいのかを知っていればいいのです。」

では、なぜ私たちはミツバチのことを気にかけなければならないのでしょうか?「私たちが日常的に口にしている食物の大部分は、ミツバチや他の昆虫からの活発な受粉によってもたらされているので、ミツバチは非常に重要な存在です。ミツバチがいなければ、今、私たちの食卓に並んでいる多くの食べ物がなくなってしまいます。」とMeetalは説明します。どんなに小さな生き物でも、私たちの生活に多大な影響を与えるという事実は、私たちが忘れがちなことです。しかし、変化し続ける世界と危機に瀕した気候に適応する方法を模索する上で、人生を視野に入れることは非常に重要だとMeetalは考えています。「食べ物はスーパーでセロファンに包まれているだけのものではなく、多くのものがあって、そのすべてが相互に大きく関連しています。食べるものがないかもしれないということは、バスが7分遅れて仕事に遅刻してしまうかもしれないということと同じです。」

Meetalの巣箱から採れるハチミツは、彼が大切にしている人、文化、場所が入り混じった街のように多様です。「私にとっては、この街で起こっていることすべてを瓶の中に反映させたものなのです。」ハチミツは、ミツバチの巣の周辺に生えているすべての木や植物、花から作られており、世界の特定の地域にしか存在しない独自のブレンドを生み出しています。「たとえば、HackneyのハチミツとDulwichのハチミツでは、味がまったく違います。

Meetalは、都市が自然とより密接に関わるようになるための大きなチャンスがあると確信しています。これは、都市環境は均質で、商業的で、実用的であるべきだという考えを覆すものです。「私たちが、緑が多く、持続可能で、気候変動に対する将来性のある場所に住む余地は非常に大きいです。」私たちはこの言葉に大賛成です。あなたの街にも、このような未来が訪れてほしいと思いませんか?

「ライダー・ストーリー」シリーズでは、VanMoofのライダーの視点から、都市での生活や仕事など様々なことに対する考えを探ります。

お近くのVanMoofブランドストア、サービスハブ、認定リペアショップで、VanMoof S3 & X3の試乗ができます。

購入はこちら