うーん、あなたの探しているものが見つかりません...。

あきらめないで!スペルをチェックするか、具体的な内容を減らして検索してみてください。

検索
Rider Stories

Rider Stories: Martien - Perspectives on a city

Looking back on a long career, an archive of magazines – Elle, Glamour, Vogue – chronicle Martien Mellema’s rich contributions to the Amsterdam fashion scene over the years. From the outset, her unique professional outlook was built upon open-mindedness, collaboration, curiosity, and a deep appreciation for interacting with people. Community is also central to Martien’s love affair with IJburg: a dynamic yet tranquil neighbourhood under constant construction, just a scenic cycle from the heart of the city.

クリエイティブな衝動は遺伝によるものだと思われがちですが、現在ファッションデザイナーの肩書きを持つSpike Spijkerは、特に芸術的な背景を持っていません。「両親は、あまりクリエイティブな人ではありませんでした。」彼は振り返ります。「でも、父はいつも何かを作りたいと思っている人でした。何かが壊れると、それを修理するのが好きでした。捨てなかったんです。子供の頃から私が得たのはそういうことだったと思います。それは私の第二の性質ではないくて、こういうことをするのが純粋に私の性質だと思います。」

Spikeは、あらゆる物に第二の人生を与えるコツを身に付けて、若い頃は、自由に使えるものを使って新しいおもちゃを作り上げていました。「欲しいものがあれば、すでに持っているものを使って新しい何かを作ります。そういうことをしてばかりいたので忙しかったです。」Spikeのクリエイティブ哲学が作られたのは、こういった初期の実験を通してでした。廃棄されて疲れたものの可能性を見つけ、表層レベルの印象の奥に潜む可能性を見つけ出し、中古材料の転用ゆえの制約を受け入れました。

お近くのVanMoofは こちら で検索できます。ぜひ、VanMoof S3 & X3の試乗をどうぞ。

自転車を購入

「人々の場合この対極の存在が必要で、その結果、様々なライフスタイルの組み合わせが必要だと、誰もが認識しているはずだという確信があります。1つの都市を作るには、このすべてが必要なのです。」

かなりの時間が過ぎ、アートスクールで勉強していた時に、現在の妻Miesと軽いコラボレーションを行ったことで、Spikeの繊維への感謝の気持ちが飛躍的に高まりました。「彼女はファッションデザインを勉強していて、私はもともと空間デザインをやっていました。」彼は思い出します。「しかし、彼女が忙しいとき、彼女を手伝って... 彼女のコレクションで使う生地を探したりしました。」このカップルは、完璧な生地を見つけるための視点が同じになっていくことに気づきました。完成した時に、それぞれの生地が思い通りの形に仕上がるかを考えることを通して...

現在、SpikeとMiesは強力なパートナーとして続いています。 3年前に設立した彼らのメンズウェアブランドJOUEZ LES ENFANTSは、共同クリエイティブ精神の表れで、各コレクションは、主に残りの生地やデッドストックの衣服を使って、様々な手作りの作品と限定デザインで構成しています。アムステルダム限定で生産およびアレンジされた「一般的とは言えない」顧客とっての現代的なクラシックを提供する彼らのレーベルは、ファストファッションの世界に対して、持続可能な反応を示します。

「私にとって2018年の発表は、すべてが整った瞬間でした。私が持っていたすべてのアイデア、何年間も作ってきた全サンプル、他ブランドのスタイリングに関する私の経験のすべてが、最初のコレクションで一堂に集まりました。」責任ある生産方式に対する意識と同様に、Spikeは顧客との相互作用を重視して、チャンスがあれば、顧客の期待に議論を持ちかけて挑戦しているように思えます。「あるデザインを望んでいる顧客がいる場合、私はその顧客が望んでいるものと私がその顧客にとってより良いと思うものとのギャップに立ち向かうのが好きです。それは、簡単なことではありません。でも、ちょっとした端の部分や製品や素材の持つ可能性は常に最高の解決策につながります。」

息子のPiet、フレンチブルドッグのKees、猫のFred Perryに励まされ、SpikeとMiesは、彼らの駆け出しのビジネスを立ち上げる場所としては、想像を超える最適な場所を見つけました。Spikeの言葉を借りれば、「アムステルダムはスタイリッシュな都市ですが、その住民はカジュアルな着こなしの服装でも知られています。」持続可能な生地のパイオニアや現代的なオランダ人デザイナーから、路上の露店、厳選されたヴィンテージコンセプト、街に多くあるkringlopen(古着屋)まで、Spikeはあらゆる分野から、クリエイティブの手がかりを取り入れています。しかし、創造的なジュースが不足しているとき、気分転換して心を再活性化させるために、自転車で街をさまようより良い方法はあまり見つかりません。

「時々、そういう理由でどこかに行くことは、自分がよく知る場所に行くことよりも刺激的です。迂回こそがすべてです。」彼は主張します。 「言い古された言葉ではありますが、本当にそうです。その瞬間に目にするものを人は楽しみます。それはまた、それは、快適ゾーンから抜け出すことでもあります。新しい人と出会うのと少し似ています。怖さや不安もありますが、いつだってそれは特別です。今まで考えなかった気持ちが生まれます。外に出て道に迷うことは、これから何年もの間ずっと行いたいと思うほど、ある種の贅沢とも言えます。」

Alkmaar近くの小さい村で育ったSpikeは、オランダの首都には定期的に通っていました。アムステルダムから遠すぎる場所に引っ越す考えはないですが、Spikeは引っ越しには慣れていて、新しい家ごとに市の境界を周回していることに気づきました。彼は現在、住まいも職場もDuivendrechです。市街地にも、近くBijlmermeerの豊かな文化にもどちらも簡単にアクセスできる場所です。

それでも、持続可能性は、都市の未来の軌道や人口変化という意味で、Spikeが特に気にしていることの一つです。「私は、汚染を減らすために市が取り組んでいることや、そういった取り組みすべてに、多くの前向きな進展を感じます。でもその一方で、それは高くつき、誰もが払えるものでないのも事実です。もうすでに、この都市の家や家賃はありえないほど高くなっています。金持ちのための都市だけになったら、退屈この上ない場所になってしまうことでしょう。」

Spikeにとって、健康的なバランスを追求すること、また、あらゆる形態の多様性を目指すことに、正解があります。「一般的に言って、良いことはどれも、対極の存在の上に成り立っていると考えます。それだから、面白いのです!その意味で、物は場所と何ら変わりません。人々の場合この対極の存在が必要で、その結果、様々なライフスタイルの組み合わせが必要だと、誰もが認識しているはずだという確信があります。1つの都市を作るには、このすべてが必要なのです。」

“I do like to ride fast,”

Although journeying by bike is an unconscious daily ritual for most people in the Netherlands, Martien’s affection for cycling is even more pronounced than her counterparts. Growing up in Diemen, a town in Amsterdam’s outskirts, the bicycle offered Martien constant access to the endless thrills of city life. “I’ve had every different kind of bike over the years,” she recalls. “And everyone who knows me will tell you I was always the one cycling, whatever the weather – and somehow whilst carrying all the styling for my next shoot!”

「ライダー・ストーリー」シリーズでは、VanMoofのライダーの視点から、都市での生活や仕事など様々なことに対する考えを探ります。


ライター:George H. King


GEORGE H. KINGはアムステルダムを拠点に、芸術、文化、社会を中心に活動する作家兼編集者です。Unseen Magazineの元編集長で、Yet Magazine、Foam Magazine、The British Journal of Photographyなどに執筆しています。