うーん、あなたの探しているものが見つかりません...。

あきらめないで!スペルをチェックするか、具体的な内容を減らして検索してみてください。

検索
Rider Stories

ライダー・ストーリー:Lacy – 都市についての視点

7年前に公式にベルリン住民になってからずっと、Lacy Barryは、故郷と呼んでいる、進化し続ける都市に対する賞賛は、一度も揺らいだことがありません。ベルリンの複雑な覆いを剥がしていくことは、彼女のアートとポッドキャスト"Secret Place Berlin(秘密の場所ベルリン)"に刺激を与えました。そして、ジェントリフィケーション(紳士化)が街中に広がるなかで、Lacyはベルリンを独特な個性を守ろうとしています。

Lacyのベルリンへの訪問は特に何があったわけでなく、またビザを申請して帰ったのですが、その後、ベルリンのことを振り返ることはありませんでした。ドイツの首都に恋をしたのは、灰色の色合いで湿っぽいコンクリートが並ぶ、寒さの厳しい最初の冬の後のことでした。Lacyは、冬眠から抜け出したときに姿を現した緑豊かな夏の街を思い出します。「サイクリングや水泳ができる湖がたくさんあります。たくさんの庭園や公園、それに空腹を満たす場所もたくさんあります。街を自転車で走るのは、夏のゆっくりとした生活にぴったりで、あらゆる場面で冒険へと誘います。「街はいつも私に、自分自身のことを気づかせてくれて、まるで内面の秘密を見せてくれるようでした。」

Lacyのポッドキャスト"Secret Place Berlin(秘密の場所ベルリン)"は、まさにこの考えで展開されています。「このポットキャストの内容は、主に自転車で回ったベルリン周辺での私の経験についてです。」Lacyのアートは都市の緑化に基づいていて、遊び心のある持続可能なレンズを通して私たちのいる都市空間の未来についての想像が繰り広げられます。Lacyは、ベルリンの街自体を一種の「巨大な遊び場」と表現します。「ここで制作されるアートの多くは、必ずしも洗練されているわけではありません。楽しければいいのです。」このパッチワークのような遊び心のあるクリエイティブアプローチは、都市建築の複雑な構成として見ることができます。過去からの結果としての、都市に内在するもう1つの顕在層です。「Kaiserreich的な建物の1960年代のプレハブの隣に、共産主義のブロックが並ぶのを見ることができるのです。」

しかし、ジェントリフィケーション(紳士化)には、ベルリンの魂を育てるすばらしい傷や複雑さを覆い隠してしまう怖さがあります。Lacyが首都に定住した後に初めて自身のルーツがドイツにあることを発見したのは、私たちの都市が、語らなければならない物語を保存することが重要だということの証拠です。維持することが重要なのです。」ベルリンは長い間、探索と芸術的インスピレーションに溢れた土地で、個性を擁護する土地でした。Lacyの目を通すと、確かに擁護する価値があります。

Lacyの地元クロイツベルク地区では、ジェントリフィケーション(紳士化)に直面してもコミュニティの感覚を維持していこうという人々の決意によって、彼女にもベルリンならではの特徴が損なわれないようにしたいと思わせます。ベルリン市はこれまでのところ、より良い都市の存在を求める住民の呼びかけに応えてきました。「コミュニティガーデン、自転車専用道路の増加、空気の質を向上させるもの… そしてより多くの幸福を生み出すなど、多くの人と自然の間でのコミュニティ計画が実施されています。

」実際、Lacyは、ベルリンでは新しい幻想的なアイデアに命を吹き込むことが何度も起こっていると指摘しています。「一部の公園は、そこにあることすら計画外でした。戦後の建築物が置き去りにされ、植物が許可されたために作成されました。"市は常に未来の暮らしのために新鮮なアイデアを実行する準備ができています。そしてLacyにとっては、そのことは、ベルリン市民が常に大切にしなければならない決定的な特徴です。

レイシーの作品の詳細については、こちらをご覧ください。

ライダー・ストーリー」シリーズでは、VanMoofのライダーの視点から、都市での生活や仕事など様々なことに対する考えを探ります。

お近くのVanMoofの拠点で、VanMoof S3 & X3の試乗ができます。

購入はこちらから