うーん、あなたの探しているものが見つかりません...。

あきらめないで!スペルをチェックするか、具体的な内容を減らして検索してみてください。

検索
Rider Stories

ライダー・ストーリー:Kareehm - 都市についての視点

BMXで確立した人気を博す才能で溢れるスターは、シティバイクでも大胆不敵にスピードを出します。自転車がライフスタイルでもキャリアでもあるKareehmRichardsonにとって、自転車に乗ることは、移動手段よりずっと多くの意味を持ちます。カリブ海のセントマーチン島からオランダに移住して以来、彼を国のいたる場所を冒険し、そんな中で出会った志が同じな友人とコミュニティを作り上げました。その彼が若い世代に向けたメッセージは... 夢を追え。がむしゃらに働け。疑っている奴らが間違っていたことを証明しろ。

目がくらむほどのスピードで、石畳の道を曲がりくねりながら突進し、交通の流れの間をすり抜け、障害物を避けて進み、前方の曲がりくねった道の狭い隙間や、少しだけ空いた道に常に目を光らせて... まるでアクション映画のシーンのようですが、実は、Kareehm Richardsonがこの街を好きな理由は、こういう走り方ができることです。そう、シティバイクで走るんです。「スピードを出して乗るのが、好きです」と彼は告白します。

KareehmはプロのBMXライダーですが、VanMoofで街を探索し、ターボブースト機能の助けを借りて余分なデコボコもお構いなしに、次にトリックやフリックするのに絶好のスポットを探します。「どこで乗るか、場所探しをしているときはいつも、ベンチやレール、棚、階段、多くの建物や路地で混雑している場所を探します。動画にすべて収録する時は、準備ははるかにたいへんです。」(成功の場合もあと一歩だった時も)彼の爽快なスタントを収録することは、BMX選手として存在するために重要な側面です。

世界中でのパンデミックが始まってからずっと、フォロワーに向けたコンテンツの制作は、さらに重要な出口になりました。「コロナ禍のおかげで、現在、リアルでのコンテンツはないのですが、競争できるときは、いつも乗るようチャレンジします。」スポーツの予定は制約されるものの、Kareehmはこの全て変わったところから1つか2つ、驚くべきメリットを見つけました。彼は、コンクリートのオフィスブロックや市の建物の美しい周辺を見守る警備員の数が少ない道を行きました。二輪でスリルを求める人にとって魅力的な可能性に満ちた場所です。

現在、オランダ東部の歴史的な街アーネムに拠点を置くKareehmは、国内の主要都市(アムステルダム、ロッテルダム、ハーグ、ユトレヒトなど)の間を移動して、新たなスキルをあげて、新しい映像素材を作っています。 Kareehmを完璧主義者と呼ぶのはおそらく正しいことでしょう。技を磨くために常にトレーニングを行うことは日常生活の一部になっています。ヘッドホンをつけて、何時間も瞑想のプロセスに没頭していると、Kareehmはすべての時間を失ってしまいがちです。これは彼が「完全にゾーンアウトした」と呼ぶ現象です。

もし完璧主義者ではないとしても、Kareehmは確実に、内から溢れる意欲、集中力、決心を持っています。「私は限界よりもっといくことのが好きです。だからこそトレーニングをしまくります」彼は考えます。「誰にも同じかは知りませんが、私は日頃、自分がしていることは何でも進歩できるはずと考えます。たとえば、文を書いたり絵を描いたりしている時、昨日よりも上手くやろうとしています。多くの人が楽しんでいるだけで人生を歩んでいるような気がしますし、それもいいです。自分自身を改善しようとしている人々に囲まれるのが本当に好きです。何かを作りたい、または将来見せたいものがある人とかに魅力を感じます。」

Kareehmは、自分の意欲の多くは、選択したキャリアパスについて直面した疑問を克服した体験が生み出したと思っています。「若者が夢を追いかけるのを思いとどまらせてしまう社会的な圧力は、かなりたくさんあることと思います。経験上そう思っています。始めたときは、私がゴールまで行けるとは誰にも思われず、だから私はもっと必死にやらなくてはならないと自分に言い聞かせていました。しかし、目標をいくつか達成すると、物事は正しい方向に向かい始め、やがてどんなことでもできると思うようになりました。」

Kareehmは現在、オランダのBMXコミュニティの力と形としての地位を確立していますが、彼のスポーツへの情熱は、必ずしも周囲の人々に伝わってはいません。Kareehmが生まれ育ったカリブ海のセント・マーチン島では、彼の才能を伸ばすことは主に孤独の中の追求でした。「家に帰ると、私は唯一のBMXライダーだったので、乗っているときはほとんど一人で、トレーニングをしながら新しいことを学ぼうとしていました。友達と一緒にハイキングや水泳、シュノーケリングにも行きました。アウトドア派です。自転車を持ってはいましたが…でも、当時は自転車にそれほど真剣に向き合っていませんでした!」

Kareehmは、仲間のライダーと密に接する時間を発見すること以外にも、オランダでの生活の多くの側面を高く評価しています。特に、2018年に写真を勉強するようになった故郷について言及しています。「アーネムは私の街です…それは本当に私の場所で。しかし、一般的にオランダに住んでいると、電車でも自転車でもどこにでも行けるという感覚になります。まだ見たことのないものがたくさんあります。」

一方、熱帯の気候だったり、のどかなビーチであったり、島の生活は依然として大変魅力的ですが、オランダは別で、また、オランダでの匿名性は、解放を証明します。「島ではほぼすべての人を知っていました。しかし、ここでは誰にも知られていないかのようです。だからもっと自由に感じます。誰も他人のことを見ていなくて…そして、誰からも、お母さんにダメだと言いつけることはありません!」

Kareehmにとって、自転車を使わない世界は想像できません。結局のところ、それは、彼のスポーツ、彼の職業、彼の趣味、彼のメインの移動手段なのです。しかし、彼の目には、自転車での移動は、多くの懸念にぶつかりながらも、ずっと元気を取り戻し、リセットすることにつながります。「人生にストレスがある時に、自転車はとても健康的なものになります。文字通り自転車に乗ることができます。スピードを出して乗らなくてもいいんです。ただブラブラ走って、耳に音楽を入れればいい。すると、ストレスはなくなります。多くのことに気を取られるから、不安は単純になくなります。」

「自転車を漕いでいるときは、目的地や時間についてはあまり気にしません。地面がどれだけ滑らかかを考えながら、ただ自分の周りのものを自分の中に取り込んみます。あとは、私がどれだけスピードを出せるかについてを考えながら...」

「ライダー・ストーリー」シリーズでは、VanMoofのライダーの視点から、都市での生活や仕事など様々なことに対する考えを探ります。


ライター:George H. King


GEORGE H. KINGはアムステルダムを拠点に、芸術、文化、社会を中心に活動する作家兼編集者です。Unseen Magazineの元編集長で、Yet Magazine、Foam Magazine、The British Journal of Photographyなどに執筆しています。

お近くのVanMoof ブランドストア、サービスハブ、または認定ワークショップ を検索して、ぜひVanMoof S3 & X3を試乗してください。

VanMoofを見る