うーん、あなたの探しているものが見つかりません...。

あきらめないで!スペルをチェックするか、具体的な内容を減らして検索してみてください。

検索
Rider Stories

ライダー・ストーリー:都市についてのKaanの視点

ピアニストで作曲家のKaan Bulakの音楽は、境界を超えています。彼の作曲したものは、地理や文化の壁を越えて広がり、音の体験を中核に保ちます。Kaanは自分自身も音楽によって解放されて、みんなにもその人自身の一部をその中に見つけてもらいたいと思っています。

ピアニストで作曲家のKaan Bulakの音楽は、境界を超えています。彼の作曲したものは、地理や文化の壁を越えて広がり、音の体験を中核に保ちます。Kaanは自分自身も音楽によって解放されて、みんなにもその人自身の一部をその中に見つけてもらいたいと思っています。

毎日、Kaanは早起きして読書をし、7時半きっかりに音楽を書き始めます。おそらくそれは典型的なベルリンの朝のルーチンではないとKaan自身も認めていますが、フリードリッヒスハインのクラブスタジオから引っ越しても、街のアンダーグラウンドシーンが彼自身のサウンドへの真のインスピレーションのままです。「アンダーグラウンドのクラブとその没入感のあるサウンドシステムは、間違いなく、私をより良い音の鑑賞に導く場所です。」Kaanはピアノとともに育ち、その才能は幼い頃から明らかでした。あるとき、ベルリンの電子音に魅了されたことを、彼は覚えています。「私はクラブが大好きで、クラブで遊び、クラブで演奏しました。それから、作曲音楽に戻る道を見つけました。」ベルリンの持つ多面的な性質は、折衷的な経験を可能にします、とKaanは説明します。「私は東にも西にも行くことができます、そしてそれは2つの異なる都市のようです」。そして彼の作る曲には、ベルリンのクラブとコンサートホールの音が収束しています。

Kaanは、育った場所であるイスタンブールと故郷のベルリンの両方から影響を受けています。彼は、音楽には常に場所の痕跡が含まれると信じています。「イスタンブールからもらっている私の文化的ルーツは、音楽のスケールと調性に間違いなく影響を与えました。でも、ベルリンに来ると、今度はベルリンが私の音に影響を与えました。」同様に、カーンは、音楽はどれか一つのジャンルに帰属すべきでという考えを拒否します。アコースティック楽器と電子楽器の違いを無視して、Kaanはジャンルを超えた独自のアレンジを作成します。「私にとっては、クラシックでも、テクノでも、なんでも、違いはないのです。どれも音楽という経験です。」音楽や音楽を聴くことは、完全に主観的なものだと彼は説明します。「私は自分の音楽を通してメッセージを投影しようとはしていません。それを聞いている人々にとって、音楽とは、はるかに超越的で、はるかに個人的なものなのです。」

では、ベルリンについて、ベルリンがKaanに最もインスピレーションを与えたものは何でしょう?その答えは、その正直さでした。従来のストーリーテリングとは異なり、Kaanは代わりに、リスナーと音楽体験を、作品の中心に保持します。彼のサウンド作品の純粋で抽象的な品質は、リスナーが自分自身を音楽に投影することを可能にし、その設定とのより個人的なつながりを促進します。 「私がベルリンからもらったのは正直

なアプローチであると感じています」カーンは説明します。 「ノイズのすべてがそこにあり、直球です。」彼の考えでは、ベルリンを面白くしているのは、その住民と文化の生の、正直な性質です。 「自分が誰であるかを現実的に示すことができるのに、なぜ他の誰かのふりをする必要がありますか?」

「私がベルリンからもらったのは、実直なアプローチだと感じています。」カーンは説明します。「ノイズのすべてがそこにあり、直球です。」

街の風景自体がKaanの音楽の音波を形成しています。自転車で街を探索すると、冒険に誘われ、あまり見られない街の幾何学的な形状、印象的な建築、公園、地形などから、作曲へのインスピレーションを得ます。街の緑豊かなティーアガルテン公園の水に囲まれた島たちは、Kaanの最新のインスピレーションの源です。「とても素晴らしく、自然な形で、私のミューズになっていると思います。鳥たちを見ながら、作品を書きます。」おそらくイスタンブールでの彼の形成期には、都市と水とのつながりは、Kaanにとって不可欠でした。「水は音波のような形をしています。そして、私はどういうわけかそれを私の脳の音に翻訳することができるのです。」

作曲、またはより一般的に、音楽は、Kaanの解放です。彼の言葉で言うと、「音楽は私が自由になる最良の方法です。」そして、彼の音楽が次に彼を連れて行くところはどこであろうと、それがティーアガルテン島を取り巻く水の形であろうと、その地下クラブの心を揺さぶるゴツゴツであろうと、ベルリンの小さな断片は永遠に彼の音の一部になるのです。

ライダー・ストーリー」シリーズでは、VanMoofのライダーの視点から、都市での生活や仕事など様々なことに対する考えを探ります。

お近くのVanMoofブランドストア、サービスハブ、認定リペアショップで、VanMoof S3 & X3の試乗ができます。

購入はこちら