うーん、あなたの探しているものが見つかりません...。

あきらめないで!スペルをチェックするか、具体的な内容を減らして検索してみてください。

検索
Rider Stories

ライダー・ストーリー: 都市についてのJenniferの視点

フラワーアレンジメントについてのJennyの唯一の後悔は、何か?それは、もっと早く出会わなかったこと。色、芳醇な香り、ニュー・コベントガーデン・マーケットで早朝のおしゃべりに囲まれているときこそが、彼女の本領発揮どきです。Jennyは、20年間、ロンドンの路地裏や公園を自転車で走り回ってきた経験から身につけた街の知識を活かし、 街の未来について明確なビジョンを持ったライダーです。

「夢というものは、常に失敗するリスクがあるので、夢を追って実現するのはなかなか難しいですね。」Jennyは合理的に説明します。しかし、フラワーアレンジメントは、趣味としてだけでなく、キャリアとして追求する時間を見つけることができた、彼女の夢でした。Jennyはフローリストになるまでの道のりを、自然な流れだと表現します。つまり、失敗への恐れを克服し、生涯の夢を追いかけることができたのです。「時間をかけて成長してきた自然なものなのです。私は自然の素材を使って仕事をしたり、色に囲まれているのが好きなんです。私たちは灰色の街に住んでいますが、花の香りや色に囲まれていると、本当に癒されるんです。」

「オンラインでは決してできないような、色調や色合いの組み合わせを見ることができます。季節の移り変わりや、入ってくる花の違いなどを見て、それが私の作品を決めることになるのです。」

Jennyは、ほとんど毎日、午前3時30分にはフラワーマーケットに到着して、他のロンドン市民とはまったく異なる街の側面を見ています。「早いけれど、日の出を見るだけでも価値があります。ドアを入ると匂いがするんです。決して華やかなものではないし、厳しい生活です。でも、フラワーマーケットはコミュニティのようなものなんです。」しかし、花びらやバラのつぼみばかりではありません。ニュー・コベントガーデンのフラワーマーケットは証券取引所のようなもので、最高のものを手に入れるためにトレーダーとの関係を維持することが鍵となります。「特に木曜日に行くとなると、競争率が高くなります。」Jennyは言います。「特に木曜日に行く場合は、競争率が高くなります。「最高のものを手に入れるためには、かなり早い時間に行く必要があります。それには、人々やトレーダーとの関係が大きく関係してきます。」

しかし、今の時代、明け方に起きて市場で値切り交渉をする必要があるのでしょうか?Jennyにとって、オンラインショッピングはまだ全然別物です。「オンラインでは決してできないような、色調や色合いの組み合わせを見ることができます。季節の移り変わりや、入ってくる花の違いなどを見て、それが私の作品を決めることになるのです。」

Jennyは最初、車を持っていなくて落胆していましたが、その後、自転車で花を配達することが可能で、さらに、自転車によって解放されることを知りました。「自転車で花を届けることは素晴らしいです。渋滞に巻き込まれることもないし、時間を有効に使えます。公園を通って、脇道も通りします。自転車で配達するのが当たり前で、自然なんです。」20年以上にわたってロンドンの行政区を自転車で移動してきたJennyは、移動手段が大きく変化するのを目の当たりにしてきました。しかし、地下鉄の代わりに自転車を利用する都市住民が増えていることを考えると、ロンドンはまだまだ追いつく必要があります。「以前は自転車に乗る人がほとんどいなかったので、道路ではかなり苦労しました。今は、自転車用レーンが最高です。でも、少し窮屈な感じがして苦労はあります。自転車人口が増えたのは嬉しいですが、ストレスは増えました。」

Jennyが守りたいロンドンのいちばんの魅力は?それは、完璧な花束を作ること、つまり多様性です。「違いがあるからこそ、人生は面白いと思うんです。」Jennyは微笑みます。「みんなが同じだったら、つまらないでしょう。バラしかなかったら、人生はそんなに面白くないでしょう? バラばかりだと、人生って楽しくないですよね。」

「ライダー・ストーリー」シリーズでは、VanMoofのライダーの視点から、都市での生活や仕事など様々なことに対する考えを探ります。

お近くのVanMoofブランドストア、サービスハブ、認定リペアショップで、VanMoof S3 & X3の試乗ができます。

購入はこちら