うーん、あなたの探しているものが見つかりません...。

あきらめないで!スペルをチェックするか、具体的な内容を減らして検索してみてください。

検索
Rider Stories

Rider Stories: Frédérique - Perspectives on a city

Despite the usual frustrations with the local weather, Frédérique Albert-Bordenave has embraced city life since arriving in Amsterdam – cycling its streets through wind, rain or shine. Born and raised in Montreal, she now juggles the life of an art director with that of an artist, employing light and shadow as her materials of choice in striking spatial installations. Guided by her fascination for the built environment, Amsterdam oozes creative possibilities. And for Frédérique, inspiration can come from the unlikeliest of places.

2014年にFrédériqueさんが初めてアムステルダムに初めて来た時、(Gerrit Rietveld Academyに建築デザインを勉強しに来たのですが、)彼女は多くの期待は持っていませんでした。自身の経験から、彼女は将来についてあまり深く考えたり、自分がコントロールできないことについて考えたりすることをしないようにしていました。

「建築に関しては、私たちは過去に建てられたものを見つめます。だから当然ヨーロッパが常に参照になっていました。Googleで物体を見ているだけでなく、元々の場所で勉強することは理にかなっていると思いました。その場所にいて、その空間を歩き回ることで、別の理解ができるのです。しかし、実際は5年間の予定ではなく、1年間の計画でもなかったんです。」彼女は説明します。「私はどこか別の場所にいるべきだとは思っていて、引っ越しで、いつもチャンスが訪れました。」

他の選択肢もある中、最終的にアムステルダムが勝ちました。 「私の母がいつも言っていたのですが、偶然というものはないんです。何度もそれを聞いて育ちました。私も、その考え方が好きです。自分自身の空間を少し作り出したり、または、何かに命を吹き込む役割を担ったりできることを言っているように思います。」

故郷のモントリオールに別れを告げて以来何年もの間、彼女の決断がどれほど自発的であっても、Frédériqueさんは人目を惹きつける芸術的なやり方と、Random Studioのアートディレクターとしての作品の中で、その空間を切り開くことで忙しくしてきました。(Random Studioは、Bottega VenetaからChanelまで、

その多くが世界のハイファッションの主要プレーヤーであるグローバルブランドとの没入型で体験ベースのコラボレーションでとてもよく知られている有名なデザインプラットフォームです。)

Frédériqueさんの建築やデザインに対する親しみや、私たちが、あらゆる種類の空間とどのように関係しているかについての彼女の感性は、彼女の創造的なプロジェクトの多くの基盤を作っています。展示会には、Frédériqueさんはすぐ外の自然に呼応する空気のような空間インスタレーションを創作します。彼女の道具箱は多くの場合シンプルで、でも、常に効果的な結果を出します。闇を空白の帆布として使って、オブジェや構造物に光を当てて、劇的な影遊びのできる臨時空間を作成し、2次元と3次元の世界の境界について突き詰めます。

「私はどこか別の場所にいるべきだとは思っていて、引っ越しで、いつもチャンスが訪れました。」

「私の作品では、どうしたら一度に複数のものになれるのかを模索する傾向傾向があります。一般的に、空間は私たちに、すべての感覚を感じるように促すものと感じています。悪魔が潜むのはディテールです。でも、私にとっては、それもむしろそれらの間にある連想なのです。記憶や感情といったことです。私は、ただそれを捉えたいのです。おそらくくっきりとしていないと思われる空間で、でも、非常に強い容量や特性を備えた空間を作成したいのです。そして、その空間への扉を開きたい。」

彼女の作品は概念的なのですが、Frédériqueさんはよく偶然インスピレーションを得ます。また、比較的通常の場所で得るのです。木、目立つことのないベンチ、街のバルコニーでできる豊かな影、都市の建設現場の変化していく形、単に彼女の家の窓を通り抜ける日の光が毎日行う振り付けなど。Frédériqueさんの世界では、アイデアは「同じ文脈の中の新しい要素や、景色に気づくことから生まれます。または、同じ見知らぬ人を別の場所で見たり。他の要素が目立ったり、または、別の場面で浮き上がる傾向があります。」

Frédériqueさんは、今は、バーやブティックが立ち並ぶ活気のある中央地区のデ・ペイプの住人で、他のほとんどのアムステルダム市民と同様に、アムステルダムに住んでいる間に、街のいたるところに住んでいました。移動するたびに、彼女は都市生活の新鮮な気付きを体験して喜びを見いだしています。彼女のディテールへのこだわりと、他の人が見落とすこともあるものを観察するための彼女のコツを思うと、自転車に乗ることが、アムステルダムの脈動するエネルギーをFrédériqueさんが吸収するためのもう一つの手段になっていることは、当然です。「滑走中に、そこにいることで、そしてそこで移動することによって、街の持つリズムとダイナミックさに従っている時間は本当に素晴らしい気分を味わえます。自転車は、街とつながっている感覚、またはある意味絡み合っている感覚を、私に与えてくれます。」

「滑走中に、そこにいることで、そしてそこで移動することによって、街の持つリズムとダイナミックさに従っている時間は本当に素晴らしい気分を味わえます。自転車は、街とつながっている感覚、またはある意味絡み合っている感覚を、私に与えてくれます。」

自転車に乗ることで得られる新鮮な空気の注入は、今もなお起きているパンデミックの中で特に解放を与えてくれています。人々が「部屋とその4つの壁に特に敏感になっていく」のをFrédériqueさんが見たときのことです。そして、それはまた、創造のための障害を克服したり、単に頭をすっきりさせたりするための効果的な手段であることも証明されています。「すべてを考えて旅を始めると、私の心は無の方向にゆっくりしていくもので、そういう意味でかなり落ち着くことができるんです!」

アムステルダムの扱いやすい規模、水路網、対照的な建築様式に見られる歴史の痕跡を好きな彼女の気持ちの一方で、Frédériqueさんは、当然、故郷の生活の一部を逃しています。「私はモントリオールではもっと多くの人々との交流がありました。おそらくここより大きな都市だったからです。歩道でも、通りでも、どこでもです。そういったやりとりから、私は多くのエネルギーをもらいました。」

地元では、いくつかのことがよくなって行われていました。本当のオランダ流のスタイルでは、Frédériqueさんはアムステルダムの好ましくない天気、正確には「太陽の欠如」を嘆いています。それでもなお、彼女は新しく見つけたアウトドアのライフスタイルがもたらすメリットを知っています。「ここの季節はときどき灰色の状態に押しつぶされたように感じますが、自転車に乗ってそれを感じることができるので、感謝しています。空間ともう少しつながることができるんです。外側の空間を本当に別のように感じられます。」

アムステルダムは将来どうなるのでしょうか?この都市はどう進化するのでしょうか?Frédériqueさんはっここでそれを見るのでしょうか?以前と変わらず、彼女はあまり先のことを考えるのが好きではありません。むしろ、物事を偶然に任せて、他の人に助けを与えることだけを好みます。今のところ、この街と彼女はうまくいっています。「アムステルダムは、自分自身についてのことを理解して、街との関係性を考えるのに良い場所だと思います。自分の場所を把握するのは簡単で、すべてのことの速度は、少しゆっくり目です。高層ビルで迷子になることはありません。」

In the series Rider Stories, we explore perspectives on living and working in cities and beyond through the eyes of our riders.

Words by George H. King

GEORGE H. KING is an Amsterdam-based writer and editor with a focus on art, culture and society. A previous Editor-in-Chief of Unseen Magazine, his writing has appeared in the likes of Yet Magazine, Foam Magazine and The British Journal of Photography.