うーん、あなたの探しているものが見つかりません...。

あきらめないで!スペルをチェックするか、具体的な内容を減らして検索してみてください。

検索
Rider Stories

ライダー・ストーリー:都市についてのCédricの視点

今回はCédricです。彼の職業は看護師。パリに住んでいます。ほとんどの時間、電話で話しています。ギリギリのライフスタイルの彼にはスピードが第一です。そして、自転車の登場です。

Cédricのミッションはシンプルです。人々の痛みを和らげて、体調をよくする助けをしたいと思っています。残念な母親の死があって無力感を感じ、看護師になりました。彼はすぐに赤十字に加わり、救急医療技術者(EMT)になるための訓練を受けました。

現在49歳で、仕事が彼を作り、養うという関係で生きています。たとえほんの一瞬の時間でも、新しい人と出会うことが大好きです。彼らが良くなるのを手伝い、彼らが良くなるのを見ることで、前向きなエネルギーをもらいます。しかし、状況が厳しい場合には、彼にはスピードが必要です。そして、自転車が、とても助けになっているのです。

「早起きをして、自転車に飛び乗ります。その日はスピードを落とします。 1日に最大25人の患者がいることもあるので、私はマンションからマンションへ、アパートからアパートへ、患者から患者へと駆け抜けます。私は一日中気が張っています。毎日ね。」

彼は、自分の自転車をパリ周辺での一緒に仕事をする信頼できる相棒と見なしています。「自転車は私のアシスタントで、とても忠実なアシスタントです。」と彼は語ります。 「私が仕事で信頼できるものは2つあって、 1つは自分の時計で、もう1つはブーストボタンが付いた自転車です。それがなければ、私には何もありません。」Cédricにとって、人間関係がすべての中心です。そして幸せの鍵は、自分がしていることを誇りに思い、仕事中に意味あるつながりを作ることです。

仕事を通して、人々をよりよく理解できるようになっただけでなく、彼は、自分が住んでいる都市について比類ない知識が得られました。彼は、パリについて率直に話します。「パリは私の一部です。私の心の中にあります。」彼はまた、今後10年以内に、パリが自転車の街になることを望んでいます。より多くの自転車レーンが作られれば、より効率的に仕事ができ、より迅速に人々のお世話ができると信じています。

パンデミックを通して、Cédricの役割はさらに重要になっています。患者に重要な血液検査とPCR検査を行い、その後検査室に戻ります。予定はほぼ一定で、必要な時間枠で配達を行う大きなプレッシャーにさらされています。しかし、彼の精神は状況によって鈍化せず、懸命に働き続けて義務を果たすことで、本当の意味を見つけます。

「私は自分自身や自分のしてきたことを誇りに思っています。」

ライダー・ストーリー」シリーズでは、VanMoofのライダーの視点から、都市での生活や仕事など様々なことに対する考えを探ります。

お近くのVanMoofブランドストア、サービスハブ、認定リペアショップで、VanMoof S3 & X3の試乗ができます。

購入はこちら