うーん、あなたの探しているものが見つかりません...。

あきらめないで!スペルをチェックするか、具体的な内容を減らして検索してみてください。

検索
Rider Stories

ライダー・ストーリー:C215 - 都市についての視点

20年近くの間、C215の名は、猫、詩人、哲学者、政治家の画像の横に世界各地の壁に記されてきました。異端者で、教育者で、先端思考のChristian Guemyは、パリの誇りで、街の文化を生き続けさせる意思を持っています。

スタジオにひっそりと置かれた椅子に腰を下ろすと、C215の過去の作品の名残りがいたるところにあります。プリント、キャンバス、限りなくあるスプレー缶、スターウォーズのC3POが書かれたステンシル、そして2015年にパリの風刺雑誌Charlie Hebdoでテロ攻撃に言及した、密かに有名なJe suis Charlieも。Christianは反省して、物思いにふけります。彼の街は、心に近くにあって、街がどのように前進し、どのようにみんなが住むようになるかに関心があります。20〜30年前、街で進化したいのなら、地下鉄に乗る必要があって、地下に降りると街の何も見えませんでした」と彼は母国語のフランス語で語ります。

Christianにとって、パリを作るのは世界的に有名なモニュメントではありません。彼の興味は現実の小さな街角です。「エッフェル塔、ノートルダムからの帰り道であったり、モンパルナスに向かう、車の中では、または渋滞中には、街の小さな出来事は楽しめないでしょう。」

これらの場所は街について何と語りますか? それほど多くはありません。「驚くべきは、私たちのようなストリートアーティストは、通常、有名な場所では絵を描いていないないことです。私たちが描くのは、何世紀にもわたって観光客に避けられてきたストリートです。」そして、Christianは、ここに、都市での走行とストリートアートの類似点を見つけます。都市を小さくして、目を大きく開くと、小さくちょっとした探索する喜びに向き合います。「e-モビリティのおかげで、誰もが13区のような新しい地区を通り抜け、私たちの作品を発見します。私たちの作品はパリのリアリティとリアルな暮らしを反映しているので。」

歴史、芸術、言語学の学生であるChristianの過去のパリの偉人への情熱は明らかです。彼の作品は、まるで昨年の街へのラブレターのようです。パンテオン周辺の彼の作品を見ると、彼の顔には恥ずかしがり屋の笑顔が刻まれています。「パリのパンテオンに出展し、美徳のためにパンテオンに埋葬されている有名なフランス人であるパンテオンの人々の肖像画を描いたことを非常に誇りに思っています。パンテオンのあちこちにこれらの作品が残っており、これらは地区のシンボルで、ストリート作品を賞賛している多くのフランス人、ヴィクトルユーゴー、ヴォルテール、ルソーなどの人々のシンボルになりました。確かに、私はフランス人であることが幸せですし、誇りに思っています。」

「そして、この仕事で本当に魅力的なのは、現実、特に都市と交流し、人々がそれを求めずに直面するであろうアートワークを、後に残すことです。」

Christianは、学校の壁に娘の顔を描いてメッセージを送るために始めてから、うっかりストリートアートのキャリアを始め、それから長い道のりを歩んできました。「私は2005年に、娘の肖像画を描くために街頭にやって来ました。私は美術学校には通っておらず、大学で歴史、ドイツ語、英語、芸術を学んで、家族や人々を街で幸せにしたかたいという理由で、楽しみのために[ストリートアート]をやりました。」

ストリートアートはこの20年間ブームを迎えています。常に存在していたのですが、ソーシャルメディアとインターネット革命によって、推進されてきたメディアです。Christianにとって、ストリートアートが現代生活のツァイトガイストに著名な家を見つけたのは偶然ではありません。「2000年代に、私たちはコンピューター文化、インターネット文化、グラフィティ文化の組み合わせであるストリートアートと呼ばれるものの第一世代になりました。そして、この仕事で本当に魅力的なのは、現実、特に都市と交流し、人々がそれを求めずに直面するであろうアートワークを、後に残すことです。」

衝撃と畏怖はクリスチャンのMOの一部ではありません。彼が路上に残したものは、街とそこに生きる人たちのためのものです。ちょっとした喜びを彼の世界との関わりとして残すのです。本当に衝撃的ですが、それは人々を集め、前向きな感情、前向きな気持ち、前向きな反応を引き起こすことができます。そして、現実と相互作用して、都市を少し変えることができることは、非常に重要で非常に楽しいことです。」

彼のお気に入りの作品はどれでしょう? 彼が椅子に寄りかかると、別の苦笑いが彼の顔を横切ります。「私が最も自信を持っているフレスコ画は、パリの国営地下鉄の大きな青い猫です。7階建てのフレスコ画なので、これまで私の手がけた中で最大のフレスコ画ですが、私にとって重要なのは、環境を最も変えたのは確かにフレスコ画で、私にとってのロゴまたは私のシンボル作品のようなものになったことです。」

「ライダー・ストーリー」シリーズでは、VanMoofのライダーの視点から、都市での生活や仕事など様々なことに対する考えを探ります。

お近くのVanMoofブランドストア、サービスハブ、認定リペアショップで、VanMoof S3 & X3の試乗ができます。

購入はこちら