うーん、あなたの探しているものが見つかりません...。

あきらめないで!スペルをチェックするか、具体的な内容を減らして検索してみてください。

検索
Rider Stories

ライダー・ストーリー:都市についてのAmandaの視点

ドーナツは、脂っこい12個単位のファーストフードでないことを、地元のパティスリーファンに納得させることはたいへんなことでした。でも、世界の食の都で7年間がんばって学んだパティシエであり、ライダーのAmanda Bankertは、パリジャンの心を変えるのに成功しました。

AmandaはワシントンD.C.で育ちましたが、学位はパリのコルドンブルーで取得しました。ダブリンでパティシエとして10年間働いた後、Amandaは再びパリに戻りました。パリは、彼女にとって、パリはすぐに人生の故郷すると決めた街なのです。数年後に、ドーナツ屋「Boneshaker」が誕生しました。パリ中心部のアブキール通りに位置するBoneshakerは、7年前にはパリで最初にできたドーナツショップの1つだったとAmandaは覚えています。彼らは小さなことから始めました。「私たちの最初の実店舗でした。最初、始めたとき、私は文字通り、近所のガレージセールのように、ビデオグレニエで10ドルでフライヤーを買っていました。それから、ドーナツを揚げて、地元のコーヒーショップがドーナツを置きたいかの確認を始めました。また、数人クライアントができ、自転車でドーナツを配達できました。」

「 『boneshaker』は実際には自転車です」と彼女は指摘します。「フランスで発明され、アメリアに出荷され、アメリカでboneshakerと呼ばれるようになったのは、石畳を走る時、木製フレームがあなたの骨を揺さぶるから。

でも、どうやってAmandaは地元の人たちにドーナツ作りの魅力について納得させられたのでしょうか?「フランス人は、ドーナツをある意味最悪のアメリカ文化と同一視していたので、説得が必要でした。」アマンダは説明します。「パン屋さんととても似ていて、早朝、一から生地を作り、グレーズもすべて一から作ります。」伝統的なパティスリーのように、季節にも対応します。「ルバーブの季節が来たら、角を曲がったところでそれを拾い、ルバーブドーナツを作ります。」しかし、Amandaのペストリーベンチャーは、池の向こう側から直接輸入されたわけではありませんでした。Boneshakerのドーナツは、フランスとアメリカの両方の文化に合わせています。「私はフランスで勉強し、私たちがいるのはフランスなので、フランスに敬意を表して、アメリカのドーナツをただ持ってくることはしませんでした。」

Boneshakerのドーナツは、フランスのペストリーと伝統的なアメリカのドーナツ作りに対するAmandaの専門的な経験の融合です。でも、それだけが、このおいしいおやつの特徴ではありません。宣伝はされていませんが、Boneshakerのカウンターに並ぶすべてがビーガンになりました。Amandaは、なぜビーガンという魅力を表示しないと決めたのでしょう? それは、彼女がビーガンレシピと、以前から顧客に提供していた非ビーガンドーナツの違いがわからないほどにしたかったのです。「植物ベースの食事が、まったく同じように美味しく、クリーミーであることを、ある種破壊的な方法で示したかったのです。」

Amandaのアメリカのルーツとフランスの生活の両方を呼び起こすのは、焼き方の技術だけではありません。 「 『boneshaker』は実際には自転車です」と彼女は指摘します。「フランスで発明され、アメリアに出荷され、アメリカでboneshakerと呼ばれるようになったのは、石畳を走る時、木製フレームがあなたの骨を揺さぶるから。」パンデミックの中、パリで自転車に乗ることは、アマンダのようなサイクリストにとってはさらに簡単になりました。路上の自転車用に拡張されたスペースは、骨を震わせることを意味しました。もう、通勤は過去のものになりました。「私は、間違いなくサンデードライバーです。私のサイクリングスタイルについては、」と言ってアマンダは笑いました。「すべて欲張りたくて、時間も、走りも、到着するまで楽しみたいのです。」

Amandaの第二の故郷パリは、Amandaの絶え間ないインスピレーションの源です。「メトロから出て、特徴的に建物に光が当たるのを見ると、なんとか呼吸ができるぐらいになるのです。」 では、パリとAmandaのドーナツの1つにまとめるとしたら? 「パリがドーナツだったら、きっとレモンとココナッツのドーナツに似た感じでしょう」アマンダは断言します。外観はタフかもしれませんが、内側はとても甘くて美味しいです。」 Boneshakerに行って、おやつの時間にしたくなりますね。

「ライダー・ストーリー」シリーズでは、VanMoofのライダーの視点から、都市での生活や仕事など様々なことに対する考えを探ります。

お近くのVanMoofブランドストア、サービスハブ、認定リペアショップで、VanMoof S3 & X3の試乗ができます。

購入はこちら