うーん、あなたの探しているものが見つかりません...。

あきらめないで!スペルをチェックするか、具体的な内容を減らして検索してみてください。

検索
Cities & Cycling

COP26でE-バイクが主役にならない理由。今こそ、バイク優先を考えて、行動すべき時です。

COP26でE-バイクが主役にならない理由。今こそ、バイク優先を考えて、行動すべき時です。

先週、グラスゴーで開催されたCOP26で、世界のリーダーたちが気候変動問題への対応策について議論しました。現在の公約では、目標との間に大きな差があり、2030年までに排出量の45%削減を実現するには、根本的な変化が必要です。しかし、COP26では、明確な解決策となるE-バイク(電動自転車・電動アシスト自転車)について語るより、フォーミュラEの自動車を紹介することのほうに興味があったようです。

温室効果ガスの最大の排出源として、COP26の話題の多くを移動手段の話題が占めました。しかし、都市部と同様で、自動車は多くの場所を占有しています。電気自動車が気候変動問題を解決する可能性は、空飛ぶ自動車が飛行機に取って代わる可能性と同じくらいの高さです。それなのに、なぜ、誰もE-バイクに都市をより良く変える力があることの議論をはじめないのでしょうか?今こそ、考え方を変えて、私たちが今すぐ使える道具に焦点を当てるべきだと思います。

答えは目の前にあります。今こそ、自転車を優先して、すぐに議論をはじめるべきです。

COP26での議論では、人々の自動車へのこだわりが浮き彫りになりました。実際、気候変動に配慮した移動手段として導入された列車に、自転車を乗せるためのインフラも整備されず、E-バイクについての議論も行われませんでした。アメリカでは、電気自動車の導入を促進するために、政府は8倍の資金を提供しようとしているのですが、実は、E-バイクの方が30〜60%も汚染が少ないのです

都市住民のために、より良い公共空間を作るためのスペースが足りないわけではありません。足りないのは、想像力がです。E-バイクは、より良い都市を創造するための最も現実的なソリューションで、迅速な切り替えが可能です。自転車は、より安全で、より健康的で、より遊び心のある楽しい移動手段になります。E-バイクは、混雑した都市の道路では自動車よりも速く走れ、それに、何よりも、ガスの排出が低いです。アクティブ・トラベリングの効果に関する研究によると、都市部の住民の5人に1人が今後数年間で自転車に乗り換えた場合、ヨーロッパの全自動車移動による排出量を約8%削減できると試算されています。さらに、道路を塞ぎ、大気汚染の原因となる、商品やサービスを提供する車両を排除することも可能でしょう。電動カーゴバイクは、ディーゼルのバンと比較して二酸化炭素の排出を90%削減します。

Source: Business Model of a Consultation Company Which Uses AI and Simulation Systems to Provide Transportation Solutions for Cities Aiming to Reduce CO2 Emission

自動車に、歴史を刻む時が来た。

現在、生産・販売されている新車のうち、電気自動車は5%にも満たず、95%はディーゼルやガソリンを使用しています。この割合を補うには、時間と資源を必要としますが、まさにその資源が急速に不足しています。毎年、約130万人が交通事故で亡くなっていますが、この数字は電気自動車に乗り換えても変わりません。交通事故死の半数以上は、歩行者、自転車、オートバイによるものです。街の安全性を向上させる唯一の方法は、インフラを改善し、すべての道路利用者を考慮して道路を再設計することです。つまり、自転車専用道路、歩道、安全な交差点を増やして、都市部で自家用車を減らすことです。今こそ、道路上のヒエラルキーを崩し、都市の交通手段が自動車利用者だけでなく、すべての人に恩恵をもたらすようにしなければなりません。

電気自動車であろうと、自動車は世界中の都市で有限な場所を多く占領しています。歩行者、自転車、ランナー、ローラースケートなど、すべての人のためにスペースを取り戻すべき時が来ています。今年はじめ、VanMoofはベルリンのアウトフライ・イニシアチブ支援しました。このイニシアチブは、ベルリンのS-Bahn-Ring内の通りを自動車の少ない空間に変えるキャンペーンです。これは、自分たちの街に明るい未来をもたらすために、地域社会がどのように抜本的な変革を支援できるかについて示す一例です。

解決するには、車の運転方法を変えることではなく、車を運転するという事実を変えることを考えなくてはなりません。VanMoofが起こしたい変化は、E-バイクや電動式大量輸送手段など、交通手段の多様化に焦点を当てることです。進むべき道は明確です。私たちは自動車から離れるべきなのです。だからこそ、私たちはCOP26以降の政策立案者に、気候変動の緊急事態に対処する最も効率的な方法として、世界の自転車の存在感を高めるよう呼びかけています。

ECFを含む60以上のプロサイクリング団体の世界的連合は、気候危機に取り組むために自転車に焦点を当てることを各国政府に呼びかける公開書簡を発表しました。私たちは、この書簡を支持し、NGOやプロサイクリング団体に参加を呼びかけています