うーん、あなたの探しているものが見つかりません...。

あきらめないで!スペルをチェックするか、具体的な内容を減らして検索してみてください。

検索
Inside VanMoof

未来を作ろう: 最後まで、走ろう。

未来を作ろう:最後まで、走ろう。

オフィスマネジャー Meganは、今年(昨年)の前半アムステルダムチームの一員になった時、全力でした。 記録的に全力だったこと、みんな家から仕事する時にオフィスマネジャーが実際に何をしているかについて、語ります。

2020年のはじめは、私は、VanMoofの子会社Dutchbandでアカウントマネジャーとして働いていました。しかし、コロナ禍が起き、イベントは全部キャンセルになりました。数週間は自宅から仕事をしましたが、その後、VanMoofがオフィスマネジャーを探していることを知りました。新たな役割への移行は簡単で、すぐに取りかかるべきことでいっぱいでした。こういうギアチェンジは大きなチャレンジですが、飛び込んで、新たなチームから学ぶことは素晴らしい機会でした。

パンデミックになってすぐに、人事チームは家から仕事するのに必要なものを全て、用意を進めました。新しい机、モニター、キーボードなど、社員がどこにいようと送りまました。家の環境はそれぞれ違うので、個別に話し、最高の仕事をするためにどんなサポートができるかを見極めました。

人事チームで働くのは素敵です。なぜなら、どこか一つの独立した部署に属しているわけでないから。VanMoof内のどのチームともつながっていて、会社全体の人のサポートをするんです。 古い言葉かもしれませんが、同じ日は2度ありません。常にみんなのより良い職場環境のためにクリエイティブに解決策を考えているのが仕事なんです。

私たちは、昨年大きく成長しました。入社したけれど同僚に会っていないことが不思議なことはとてもわかります。私も新人なんです!そのために、社員が歓迎され、お互いのことを知ることができるようなプロジェクトをたくさん行ってきました。最近では、独立系のコーヒーショップと提携して、チームメンバーにバウチャーを送付しました。社員同士が’コーヒーデート’できるように。ちょっとしたことですが、こうしたことでずっとチーム意識を持って、和むことでしょう。

ほぼ誰もオフィスにいないのですが、VanMoof Talksシリーズは継続しています… もちろん、バーチャル開催ですけどね。数週間おきに、新たなゲストスピーカーを招いて各トピックについてプレゼンテーションを行います。〜 前回は、Dr. Iskander Smitが、「モビリティの未来」について話しました。会社全体としてみんなのインスピレーションになりました。時々仕事や考え事で同じパターンで行き詰まることがあります。だから、自分の周りでない外部の人の意見を聞くことはいつだって素晴らしいことなのです。

私の仕事はこのパンデミックが収まって社員がフルタイムでオフィスに来るようになると劇的に変わることでしょう。チームがしっかりと成長した後で、社員全員を社内に収めることは簡単ではないでしょうけど、既に検討を進めています。今は、内部組織や運営プロセスに集中しています。そうしておけば「通常」に戻ったら物事の合理化がはじめられるはずです。あと、まだわかりませんが、すぐに新オフィスを見つけなくてはならないでしょう!いずれにしても、楽しい走りになることでしょう。

次の10億台の自転車実現に向けて、一緒に走りたいですか? 採用ページ から、現在募集中のポジションをご確認ください。