うーん、あなたの探しているものが見つかりません...。

あきらめないで!スペルをチェックするか、具体的な内容を減らして検索してみてください。

検索
Inside VanMoof

Building the Future: アプリをさらに拡張する

Building the Future |アプリをさらに拡張する

世界一最先端のe-バイクは、アプリとの接続が必要です。デジタルプロダクトオーナーMyrtheが、 VanMoofのアプリがいかにS3 & X3の真の意味での可能性を広げるかについて説明します。

VanMoofが成長するにつれ、アプリはe-バイクに不可欠なものとなりました。VanMoof S3 & X3は、デザインはミニマル。でも、スマートテクノロジーが存分に詰まっています。追加の画面や操作も作れますが、ポケットにスーパーコンピュータを持ち歩いているのに、複雑にしなくてもいいでしょう。VanMoofのアプリは、e-バイクの内部テックを、コンピュータの力とスマホとの連携を強めることで、最適化します。それにより、e-バイクの走行を信じられないほどシンプルに保ったまま、非常に多くの機能を実現しています。

多くのスマートフォンアプリは、ユーザーの気をひくよう設計され、できる限り長い間触らせようとします。私たちは、真逆の精神です。アプリの世界ではかなり独特です。「受け身の」機能を追加して、バックエンドでの接続により、多数のアクションをひき起こします。完璧な日には、スマホをポケットから出す必要すらありません。– ただそのまま楽しく乗っていていただけます。

VanMoofのアプリは、顧客体験を前よりずっと深いものにしました。今では、箱から出して使い始めるところからトラブルシュートまでの全てをサポートしています。e-バイクの位置を知ったり、VanMoof Ridesのトラベル履歴、万一の盗難時にはバイクハンターの代わりもします。

VanMoofのe-バイクはハードウェアとソフトウェアの境界を曖昧にしたのですが、今はプロダクトチームもそうなっています。VanMoofでは、設計時もテスト時も、全てが統合的に深くつながるよう、全ての関係者を関与させます。ライトのようにシンプルなものでさえ、アプリの開発者とBluetoothの開発者を最初から同席させて、どうできるかの特定を一緒に行います。両者が懸命に全てに互換性を持ち、将来的な機能性の可能性を追求します。

VanMoofのアプリチームは比較的少人数の体制です。Androidの開発者が3名、iOSの開発者が4名。インハウスのチームで、他には、バックエンド開発者が2名、専属のBluetooth開発者が1名います。常に拡大していますが、合理的なチームであり続けることを大切にしています。つまりアジャイルでいたいのです。 – 新たなアップデートを進め、バグへの対応は毎月直しています。これは業界平均よりずっと高頻度です。

VanMoof S3 & X3については、最初からアプリの統合を改善するよう設計しています。もう、ファームウェアのアップデートはBluetoothで行うことができ、これにより、大幅に高速化が進み、大幅なQOLの向上を実現しました。接続ドットをメトリクスディスプレイに追加するといった簡単なことでも、ユーザーの生活と開発者の生活の両方が、ずっと簡単になります。以前は、アプリが正しくe-バイクに接続できたことを確認する方法がありませんでしたが、今では、ディスプレイを見ればすぐにわかります。ちょっとした変更で乗ることがとてもシンプルになります。

安定性は、常に最優先事項です。e-バイクは毎日の機能的なツールであり、いつでもアクセスできるものであるべきだと考えています。接続性と毎日の使いやすさを、新しい機能を追加するよりも先に考えます。そして、何か新しいものを追加する時には、操作性に影響が出ないかを徹底的に検証します。ユーザー分析に最新の注意を払っていて、ユーザーがどこをいちばん使っているかを気にしています。VanMoofはまた、アクティブなコミュニティを持っています。新しいバージョンをリリースするとすぐに、有益なフィードバックをいつでももらえる状態です。このおかげで、私たちはすぐに対応できるのです。

VanMoof S3 & X3は、世界中の街を変えていきます。 ぜひ試乗していただき、未来を乗ることがどんなものであるのかを発見してください。

Peter Gigg

この著者について

Peter Gigg is VanMoof's resident Brit. He enjoys writing, running, and remaining in the EU.