うーん、あなたの探しているものが見つかりません...。

あきらめないで!スペルをチェックするか、具体的な内容を減らして検索してみてください。

検索
Cities & Cycling

冬の自転車のもっと乗りやすく:防寒対策に役立つ3つのヒント

冬の自転車のもっと乗りやすく:防寒対策に役立つ3つのヒント

毎日、寒くなってきました。冬にE-バイクに乗れるのか? 気になりますよね! ご安心ください。しっかり入念にテストされたVanMoofのシティバイクは多少の悪天候なんて怖くありません。寒い時期に少し多めに愛情を注いであげれば、冬の走行に最適なE-バイクと言えるでしょう。そう、VanMoof好きなら、車に乗らずに自転車に乗りたいと思うはず。ここでは、冬の間にE-バイクを完璧な状態に保つための3つのヒントをご紹介します。

E-バイクを冬のコンディションに備えるには? 石鹸と水がキーワードです。

冬場にE-バイクを安全で良好な状態に保つための最初のヒントは、冬場のぬかるんだ道を自転車に乗った後に、きちんと自転車をきれいにすることです。泥汚れはには塩分が含まれています。また、VanMoofは多くはアルミニウムや錆びにくい部品で作られていますが、一部の部品は他の部品よりも塩分や砂ぼこりに少し敏感です。毎日乗る方は、週に一度、水と石鹸で自転車を拭いてあげてください。また、バイクドクターは、月に一度、ツールボックスに入っているオイルでチェーンをグリスアップすることを推奨しています。

冬の通勤に安全なE-バイクにするために

冬には別のタイヤが必要なのでしょうか?または、そもそもコンディションが完璧ではないときにE-バイクに乗るのは安全なのか? 私たちのアドバイスは、たとえあなたがスピード狂であっても、普段よりもスピードを落として走ることです。雪や氷が事故の原因になるのは当然ですが、VanMoof S3 & X3のような自転車でも、急カーブは緩やかなペースで曲がったほうが安全です。そのことで、風の冷たさは軽減されるでしょう。そして、より快適なドライブを楽しむことができます。凍った鼻は、感謝してくれるはず!

E-バイクのバッテリーの冬の管理方法

冬に自転車をどこに保管するかについては、だいたいは選択の問題です。しかし、VanMoof S3 & X3のバッテリーは、寿命を守るために、0℃以下の場所では充電できません。そのため、外気温が極端に低いときには、自転車を室温で保管したほうが、充電がうまくいき、冬の走行がより快適に楽しめます。屋外で保管したい場合には、バッテリーが完全に空にならないように注意してください。

また、冬に、バケーションで南国に出かけるラッキーな人は、自転車にも休暇をあげてくださいね! 長期間自転車を保管する必要がある場合には、バッテリーが80%以上充電されている状態になっていることを確認してください。それは、バッテリーは寒いのが大の苦手だから。寒ければ寒いほど、バッテリー効率は悪くなります。バッテリーの消耗が早まり、ターボブーストのパンチ力が弱まります。これは、気温が高いときよりも、使用可能なエネルギーを十分に供給できないためです。なので、走り出すときはゆっくりとしたペースで走りましょう。最初の数分間はアシストレベルを下げて走行することで、バッテリーが適切に温めることができるのです。

VanMoofライダーの皆さん、もう言い訳できませんよ。さあ、外に出て、冬の街の走行を楽しんでください。

VanMoofとバッテリーを完璧な状態に保つためのヒントやコツは、 [サポートページ]から

お近くのVanMoofの店舗を検索して、ぜひ、VanMoof S3 & X3をご試乗ください。


E-バイクを見る.