うーん、あなたの探しているものが見つかりません...。

あきらめないで!スペルをチェックするか、具体的な内容を減らして検索してみてください。

検索
Cities & Cycling

自転車ブームへの年に:2輪の世界への移行に必要な態度と行動

自転車ブームへの年に:2輪の世界への移行に必要な態度と行動

ニューヨークやパリなどの都市政策立案者や地方自治体が、緊急の輸送課題に対処するために十分な時間やリソース、エネルギーを費やすには、パンデミックが必要でした。過去に行動がとられた時も、その後継続することはほとんどありませんでしたが、希望を持ち続ける理由がありました。この 1 年半にわたって収集されたいくつかの重要なデータは、意味のある行動をとりたい私たちのなかで、意欲に変化が起きていることを示しています。

コロナ危機により、都市での住みやすさと持続可能性に関する議論が盛んに行われています。自転車使用とモビリティが主役になり、これまで以上に多くの人々が車から降りて(電動)自転車を選択しています。最新の予測によると、電動自転車市場は今後6年間今後6年間で460億ドルを超え、パンデミック前の予測の2倍の成長率になることが予想されています。米国だけでも、自転車販売は、2019年から2020年の間に、65%増加しました。電動自転車については合計145%増加しています。私たちが自転車の歴史の転換点にいるのは明らかです。世界は変化する準備ができています。しかし、それが未来の私たちの都市を作る基礎として正当な主張を確実に行うために、より多くの仕事が必要です。

都市よ、私たちは変化する準備ができています。

VanMoof が YouGov と提携して世界自転車デーのために委託した新しい調査で発見した驚くべき結果は、都市のモビリティに変革的な変化をもたらす若い世代に準備が整っていることを強調しています。世界 5 大都市で実施されたこの調査は、世界中の政策立案者に警鐘を鳴らすものです。今こそ行動の時です: 人々は都市空間で車よりも自転車を優先する準備ができています。

3,000 人以上の成人から収集されたデータは、ミレニアル世代が、自転車優先の行動パターンと、都市の交通の現状を変えようとする決意の点で、急速に進んでいることを示しました。55 歳以上 (24%) と比較して、18 ~ 34 歳 (46%) では、ほぼ 2 倍の回答者が、自転車使用者を優先することが重要であると考えています。この傾向は特に米国で顕著であり、ニューヨーク市民の 41% が、パンデミックが発生する前よりも自転車使用者を優先することが自分たちにとって重要であると答えており、25 ~ 34 歳では 68% に上昇します。

このデータから、自転車ブームが 1 回限りのものではなかったことは明らかです。自転車はこれからも継続するものです。パンデミックの過程で私たちの公共スペースをより自転車に優しいものにするために行われた変更は、特に若い世代の間で行動と態度の変化を引き起こしました。しかし、心配なことに、世界の多くの主要都市の路上で、人々は依然として自転車使用に安全を感じていません。調査対象の 5 都市に住むすべての人々の、平均して43% が、安全だと感じると自転車に乗る回数が増えるだろうと答えています。 [city] では、この率は [city percentage]という率に達します。データは明らかです。都市に住む人々は変化する準備ができています。彼らの唯一の心配は、安全なスペースと必要なインフラの欠如なのです。

パンデミックが、革命を起こす。

コロナ禍が米国とヨーロッパを襲ったとき、世界最大の都市のいくつかのモビリティの現状を覆しました。大都市で、ロックダウンが環境に驚くべきプラスの影響を及ぼし、人々の心は変化していました。YouGovがヨーロッパの21主要都市で行った調査によると、回答者の 64% が「新型コロナウイルス感染症以前の汚染レベル」に戻りたくないと答えました。また、68% が、自転車を優先して車の設備を撤去することをいとわないと答えました。二輪革命が定着したと言っても過言ではありません。

世界中の自治体は、都市を自転車使用者にとって安全な避難所にするために多額の投資を行っており、社会的距離の措置が「ニューノーマル」になるとして、市民は故郷を移動するための代替手段を提供されました。ヨーロッパでは 2020 年末までに、10 億ユーロ (9 億 700 万ポンド、11 億ドル) 以上が自転車関連のインフラに費やされ、パンデミックが始まって以来、2,300 km (1,400 マイル) の新しい自転車専用レーンが導入されました。

ニューヨークでは、地方自治体が都市居住者に別の移動手段を検討するよう積極的に促し始めました。ヨーロッパでは、都市や地方自治体が交通の移行をサポートするための複数のインセンティブを導入し、都市住民のためにより流動的な移動の選択肢の具体的な計画を立てました。フランスではRERをモデルにした自転車道のネットワークを作成し、イタリアでは自転車購入のための財政援助を行い、また、ブリュッセルではインフラストラクチャへの大規模な投資を行い、市内に40kmを超える新しい自転車道が作成されました。

みんなで、ride the future する日が来ました。

私たちの夢はより大きくなりはじめています。人間を中心に考えたより通気性の高い都市という私たちのビジョンの実現のために、州、都市、および機関が、自転車使用者に安全で必要なインフラを提供できるよう、取り組みを強化することが基本になります。安全性とインフラの欠如が、世界中で自転車を採用する決定要因であるという事実は、私たちの未来の都市に与える変革的な影響を浮き彫りにしています。

お近くのVanMoofの ブランドストア、サービスハブ、認定リペアショップを探して、VanMoof S3 & X3の試乗をぜひお楽しみください。

e-バイクを見る